浮気調査の費用相場は?少しでも安い料金で依頼する方法を解説!

浮気調査の探偵費用ってどれくらいかかる?

探偵事務所から見積もりもらったけど、これって妥当?

パートナーに知られず、確固な浮気の証拠を得るには、探偵に依頼するのがもっとも確実でしょう。

とはいっても、どのくらい浮気調査の費用がかかるのは気になるところですよね。

各事務所のHPを見ても、探偵事務所によって内訳や金額が異なるため、依頼に二の足を踏んでしまう方もいるかもしれません。

そこで、この記事では、浮気調査にかかるおおよその費用相場やその内訳について、詳しく解説をしていきます。

またできるだけ費用を抑える方法もあるので事前にチェックしてみましょう。

有岡 佳次朗
監修者:弁護士法人・響 弁護士
有岡 佳次朗
・弁護士会所属:第一東京弁護士会所属 第53081号
・出身大学:上智大学法学部 明治大学法科大学院
・保有資格:弁護士・宅地建物取引士
・コメント:浮気調査など夫婦問題の案件を多数取り扱ってきました。ご依頼者様に寄り添い、最善の結果を出すために全力で取り組むことをモットーにしています。

目次

浮気調査を探偵事務所や興信所に依頼したときの費用相場

浮気調査の費用を説明する探偵

探偵事務所などに浮気調査を依頼したときの費用は、事務所ごとには違いはあれど、おおよその相場はあります。

一般的には、
・浮気をしているかどうかの事実確認のための調査:約10~20万円
・裁判でも通じるような確かな証拠を押さえるための調査:約30~70万円程度です。

探偵事務所によってはこれよりも安い価格で引き受けているところもありますが、費用の大半は人件費であるため、本来であれば事務所によってそれほど違いはありません。

相場よりも格安で応じているところは、アルバイトなどを雇って調査しているなどサービスの質が低下しがちなので、注意しておきましょう。

浮気調査でのプランは大まかに以下の3つあります。

浮気調査の費用体系の比較画像

費用対効果を考えたうえで、どの事務所に依頼をするのか判断することが大切です。

ではこれらのプランの特徴を見ていきましょう。

時間制とは?調査対象者や浮気をする日がはっきりわかっている人向けのプラン

調査費用が時間制の場合は、1時間あたり2~3万円が相場の目安となります。

ただし、あくまでも基本となる調査費用であるため、交通費・機材費・尾行用車両代・宿泊費・報告書作成費などの諸経費は別にかかります。

これらの経費が別にかかるので、探偵の調査料金を正確に算出することは難しいのです。

時間制のプランは、調査対象者のスケジュールや浮気相手の状況などを大まかに把握している人向きです。

パートナーが浮気相手と会っていそうな日に目星がついているなど、事前の情報量次第で5〜10万円で浮気の証拠を掴むことも可能です。

ピンポイントな調査を行いたいときに活用してみましょう。

パック制とは?あらかじめ費用が把握しやすいプラン

パック制の料金体系は、10時間で●●万円といったプランです。

時間制と比較して、調査にまとまった時間を設定しているため、1時間あたりの費用を抑えることができるプランになります。

目安としては、20時間で40~50万円、30時間で60~70万円、40時間で80~90万円程度が相場となります。

また、探偵事務所によっては、1日のみのスポットプランを設けている事務所もあります。

あらかじめ調査時間と費用が明確になっているので、安心して利用できます。

ただ、浮気の証拠をつかめないまま途中で調査が終わってしまっても、原則として返金されないので注意が必要です。

調査の継続を希望する場合には、長期化して費用がかさんでしまう可能性もあるので、探偵事務所とその後の調査についてよく相談しましょう。

パック制は浮気に関する事前情報が少ない人や、複数回の調査を前提として
その分、時間単価の費用を下げたい人向きのプランだといえます。

成功報酬型とは?浮気の証拠をきちんと取りたい人向けのプラン

成功報酬型のプランとは、その名の通り、浮気の証拠を押さえてはじめて費用が発生するというもの。

中には半成功報酬といって、証拠は抑えられなくても人件費などが発生するものもありますが、近年では「証拠を押さえられなかったら一切費用が発生しない」事務所もあります。

(完全)成功報酬型の特徴は何よりも浮気の証拠が押さえられなければ費用が発生しないこと。

その反面、費用が100〜200万円以上となってしまう可能性もあるので、調査を依頼する前にあらかじめ確認しておきましょう。

基本料金の他にも、諸経費や着手金を請求される場合もあるのでトータルの金額を把握しておくのが大切です。

また、成功報酬型は「何をもって成功とするのか?」が事務所によって異なるためトラブルが起きやすく、利用する場合は注意が必要です。

一般的に浮気調査の成功の定義は、浮気の現場をカメラやビデオで撮影するだけでなく、浮気相手の身元まで特定することです。

しかし、探偵事務所によっては浮気の事実だけおさえれば成功としている業者も存在しています。

したがって、成功報酬型を利用する場合は、成功の定義までしっかりと確認するようにしましょう。

成功報酬型で依頼する場合は、パートナーが浮気をしている可能性が高いが、行動パターンが全く読めず証拠を掴むために長時間の調査が必要な人向き(時間制で依頼をすると高額になるため)だといえます。

浮気調査の相談窓口

浮気調査に関する不安や疑問を
お気軽にご相談ください。

0120-379-048

  • 24時間受付
  • 匿名OK
  • 相談だけでもOK
- 以下のようなご相談を承っています -
  • どのような調査ができるか
  • 調査費用について
  • 調査にかかる期間
  • 慰謝料請求できる可能性
無料相談窓口の詳細はこちら

費用が高くなる理由は?浮気調査にかかる費用の内訳

浮気調査の精度を上げるために、信頼できる探偵事務所に依頼をすることは大切です。

しかし、実績のあるプロに調査を依頼すれば、その分だけ費用も高くなる傾向にあります。

一方で、むやみに調査費用を安く抑えようとすれば、せっかく調査を依頼しても思ったような成果を得られないケースもあるものです。

浮気調査(尾行)にかかる費用の多くを占めるのが人件費なので、調査費用が安いということはそれだけ人件費を抑えている可能性があります。

浮気調査の依頼をするときは、費用だけでなく調査の確実性も踏まえたうえで良質な探偵事務所を選び、しっかりとした証拠を得られるようにしましょう。

詳しくは「証拠がほしい!探偵に浮気調査を依頼するときの費用と調査の確実性」をご覧ください。

人件費|費用の大半を占める部分

浮気調査では、調査対象者を追跡してきちんと調査を行うために、複数人で対応するのが一般的です。

調査人員は、最低でも2人体制であり、3~4人体制としている探偵事務所も多くあります。

これは、尾行調査で対象者(パートナーのこと)を見逃さないためと、複数人で尾行することでバレにくくするためです。

人を動かせばそれだけ人件費は発生するものであり、時給として考えても引越し業者や修理工などと同様に、動いてもらった分だけかかってしまいます。

だからといって、調査員の数を少なくして費用を抑えようとしても、少ない人数では負担も大きくなり、大事な場面で証拠を取り損なってしまう恐れもあります。

裏を返せば、あらかじめパートナーの予定や行動範囲を知っておけば、調査期間は短くなり、費用も抑えられるということ。

時間制の料金プランであれば、調査が早く済む分、人件費を抑えられる可能性があるので、どの範囲までを探偵に依頼するのかをよく検討してみましょう。

諸経費|必要に応じて発生する部分

パートナーの浮気を調べるためには、人件費の他にもさまざまな費用が発生します。

浮気相手と遠距離へ旅行へ出かける可能性もあるので、その場合は現地までの交通費(電車代・タクシー代・ガソリン代など)がかかります。

また、調査対象者が立ち寄ったホテルや飲食店でかかった費用や施設などの利用料金、通信費なども諸経費には含まれるのです。

さらに、ビデオカメラなどの機材使用料やデータ加工費用、調査結果をまとめる報告書作成費用などもかかります。

諸経費を基本となる調査費用に含めるケースもありますが、使途をきちんと把握するためにも実費分として切り分けているところのほうが信頼性は高いです。

そして、旅行先での調査は費用がかかってしまうものの、確かな証拠を押さえるために調査日として旅行日を指定する人もいます。

浮気調査が長引けば、諸経費もそれなりにかさんでくるので、調査方法やスケジュールなどを含めて探偵事務所とよく打ち合わせを行いましょう。

詳しくは「【目的別】浮気調査の期間と費用相場!費用をおさえるコツとは?」をご覧ください。

費用をかけるメリットは?得られるリターンを考えよう!

ここまで見てきて、「浮気調査ってこんなに費用がかかるのか」「費用が高いし依頼するのは諦めようかな」と思われた方も多いでしょう。

実際、浮気調査はこれまで説明してきた理由から決して安いとはいえません。

しかし、浮気調査で得られた証拠をもとに慰謝料請求をするのであれば、費用よりも高いリターンを得られることも多いです。

ここでは、調査費用と慰謝料の金額関係を説明していくので、慰謝料を請求するかどうかの参考にしてみてください。

離婚・別居をしない場合の慰謝料請求

浮気発覚後でも離婚・別居しない場合、浮気が原因で夫婦関係が悪化したと認められれば浮気相手に慰謝料を請求することができます。

この場合は、配偶者に慰謝料請求しても夫婦の間で金銭が移動するだけなので、浮気相手への慰謝料請求をするのが一般的です。

配偶者が浮気しても離婚しないとき、もう一方の配偶者が受ける精神的ダメージは軽くなると判断されるため、慰謝料の相場としては50~100万円になります。

大きな経済的リターンを得ることは難しいですが、浮気相手に制裁を与えることで事の重大さを理解させ、責任を取ってもらいたいと思う場合は慰謝料請求を考えてみるとよいでしょう。

別居をする場合の慰謝料請求

浮気が理由で離婚はしないまでも配偶者と別居する場合、形式上であれ夫婦関係は継続することになるので浮気相手にだけ慰謝料請求をすることが多いです。

このケースでは、同居できないような亀裂が発生したと判断されるので、慰謝料の相場としては100~200万円と少し高めになります。

また、別居中においては、配偶者に対して生活費を要求することができます。

これは、離婚していない限り、別居中であっても同居中と同様に生活費を要求することができる婚姻費用分担請求権という権利があるからです。

浮気によって別居することになるときは、浮気相手に対する慰謝料だけでなく配偶者に対しても生活に必要なお金を請求できることを覚えておきましょう。

離婚をする場合の慰謝料請求

このケースでは、与えられた精神的な損害が甚大であるとして、200~300万円の慰謝料を獲得できる可能性が高いです。

離婚する場合は浮気相手に高額な慰謝料を請求できますが、裏切った配偶者に対してしっかりとした制裁を与えるためにも、両方に対して慰謝料請求することを検討しましょう。

このように、すべての場合において調査にかける費用よりも慰謝料請求することでもらえるリターンのほうが大きくなることが一般的です。

浮気に対する制裁として慰謝料請求を考えているのならば、浮気調査に費用をかけるメリットは十分にあるといえるでしょう。

浮気調査の相談窓口

浮気調査に関する不安や疑問を
お気軽にご相談ください。

0120-379-048

  • 24時間受付
  • 匿名OK
  • 相談だけでもOK
- 以下のようなご相談を承っています -
  • どのような調査ができるか
  • 調査費用について
  • 調査にかかる期間
  • 慰謝料請求できる可能性
無料相談窓口の詳細はこちら

自分で調査したときの費用は?違法行為やバレたときのリスクにも注意

浮気調査の違法行為やバレたときのリスク

浮気調査にかかる費用を抑えたい場合、探偵事務所に依頼をする前に自分で調査をすることもできます。

市販のグッズやスマホアプリを活用すれば、ある程度の範囲であれば調査可能です。

調査に利用できるグッズとしては、以下のものなどがあげられます。

・GPS
(価格)市販のGPS発信機であれば、1万円程度から購入可能。レンタルであれば数千円ほどで借りられる。

調査のポイント:自家用車であればGPSを設置するのは問題ない。浮気相手の車や持ち物などに付けるのは違法行為。

・ボイスレコーダー(ICレコーダー)
(価格)数千円~1万円程度

調査のポイント:24時間録音可能で、無指向性のマイク(すべての声を拾い上げるタイプ)がおすすめ。自宅や自家用車に設置しましょう。

・小型カメラ
(価格)数千円程度

調査のポイント:ペン型・メガネ型・モバイルバッテリー型・時計型・車のキー型など種類が豊富。設置しても違和感のないものを選ぶのが大切。

・スマホアプリ
(価格)スマホアプリは無料もしくは数百円程度

調査のポイント:浮気調査アプリを相手のスマホに勝手に入れてはいけない。夫婦名義や子ども名義のスマホを購入して相手に渡すなどの工夫が必要。

詳しくは「すぐに使える!浮気調査グッズ8選|特徴や使い方も紹介」をご覧ください。

ただし、自分で浮気調査を行うときには、思いがけず違法行為となってしまうケースもあるので注意が必要です。

たとえば、他人の許可なく敷地内に立ち入れば住居侵入罪、尾行や張り込みも行き過ぎてしまえばパートナーとの婚姻関係にない場合ストーカー規制法違反などに問われる恐れもあります。

さらに、浮気調査に気づかれてしまい、証拠を隠滅されることでその後の調査が難しくなるケースもあるのです。

調査をしていること自体がバレてしまうと、逆にプライバシーの侵害や名誉毀損で訴えられてしまう可能性もあります。

自分で調査をするときには、うっかり法律に触れてしまわないように、慎重に進めていくことが重要です。

少しでも安く抑えたい!できるだけ費用をかけずに浮気調査を行う方法

浮気調査の費用を安くする

浮気調査の費用は、依頼する探偵事務所や依頼内容によって異なります。
また、悪質な探偵業者と契約してしまうと、高額な料金を請求される可能性があるため、注意が必要です。
そのため、高額な請求されずに、費用を少しでも安く抑える方法について紹介します。

複数の探偵社に見積もりを依頼してみる

浮気調査の費用を安く抑えようとするあまり、追加料金や諸経費が発生することを見落とさないように、注意しましょう。

探偵事務所によってはキャンセル料や延長時間の料金を請求するところもあるので、詳細を確認しておく必要があります。

また、悪質な探偵業者と契約してしまうと、まともな証拠も取れずに調査報告書の質が低いにもかかわらず、高額な支払いを請求される可能性があります。

そのため、あらかじめ複数の探偵社に見積もり依頼をして、比較してみましょう。

一般的に浮気調査は

  • 依頼者へのヒアリング(相談)
  • 見積もりの提示

を経て正式に調査依頼という流れになります。

相談だけであれば無料の事務所も多くありますので、複数の事務所に相談してみて、信頼できそうな事務所を選ぶことは可能です。

また相談時には諸経費が別にかかるのか、追加料金が発生するのかを納得するまで詳しく説明を聞き、高額な請求をされるといったトラブルを未然に防ぎましょう。

無料相談したときに、丁寧に説明するなど誠実な対応をしてくれる探偵事務所であれば不安も少なく調査を依頼できますよね。

詳しくは「浮気調査の相談がしたい!”良い”探偵の見分け方と調査の流れ」をご覧ください。

事前に浮気調査をする時間を絞って依頼する

探偵事務所に浮気調査を依頼するときの費用は、「どれだけの期間、どれくらいの範囲で調査をお願いするか」によって金額が大きく変わってきます。

パートナーに対する浮気調査を行う目的によって、調査費用も異なる面があるのです。

たとえば、浮気調査によって得られた証拠をもとに慰謝料を請求する目的であるなら、調査対象者が浮気相手と複数回・定期的に会っていることを押さえる必要があります。

単に異性と会っているという事実だけでは証拠として弱く、民法上の不貞行為(第770条1項1号)にもとづく損害賠償請求を行うには、確かな証拠をつかむのが大切です。

調査対象者と浮気相手が会う頻度としては月1~4回程度が多いですが、大がかりな浮気調査ほど何度も調査を行うので費用もかさみます。

不倫による慰謝料相場は一般的に、100~250万円といわれているので、その範囲内で調査を行うのも1つの目安だといえます。

少しでも調査費用を抑えたい場合には、パートナーが「いつ・どこで浮気をしているのか」「普段はどのような行動パターンか」といった点で大まかな目星をつけておくとスムーズです。

ケースによっては、時間制のプランで探偵事務所に依頼をした場合、最低3日(20時間以内)の調査で済むこともあります。

調査にかかる時間が短ければ、それだけ費用も安くできる点を押さえておきましょう。

実際に浮気調査費用はどれくらいかかった?

※「KADODE」編集部によるアンケート調査結果
【ケース1】費用11〜20万円
(男性/30代後半/会社員/未婚)

調査期間3週間

得られた証拠 日中の相手の行動を写真で確認でき、時間ごとにどこにいたかも確認できた
満足度 得られた証拠の内容には満足している
その後どうしたか パートナーに浮気調査をしたことも伝えていない
浮気調査をした感想 常にもやもやした気持ちだったのですが、事実を知ることが出来てすっきりしました。どんな結果でも一区切りにはなります。

ケース2:費用21〜30万円
(女性/30代前半/パート/既婚)

調査期間1週間

得られた証拠 日中の相手の行動を写真で確認でき、時間ごとにどこにいたかも確認できた
満足度 得られた証拠の内容は想定内だった
その後どうしたか 離婚はせず、パートナーに浮気調査をしたことも伝えていない
浮気調査をした感想 確実な証拠を手に入れることができた。今すぐに離婚や慰謝料の請求をしないとしても、請求期限のある間は自分の武器になる。これがあることで、自分の気持ちとしても落ち着いて今まで通りのように過ごすことができる。

ケース3:費用31〜40万円
(女性/40代前半/パート/既婚)

調査期間3週間

得られた証拠 夫と浮気相手の女性が一緒にホテルへ出入りする瞬間の写真と映像を証拠としていただきました
満足度 得られた証拠の内容は大変満足
その後どうしたか 離婚はしていないが、パートナーに浮気調査をしたことを伝えた
浮気調査をした感想 浮気の証拠を見せたら夫は泣いて浮気を認め謝ってくれました。もし証拠がなければきっと嘘をついてそのまま浮気を続けていたと思います。浮気の証拠を夫に見せつけたことで夫はしっかりと浮気を認め、相手の女性に電話をして私の目の前で別れたので安心できました。

ケース4:費用41万円以上
(女性/40代後半/会社員/既婚)

調査期間1ヶ月

得られた証拠 実際にホテルに入って出てくる写真と彼女の家に出入りしている写真に加え、一緒に旅行している写真や一緒にゴルフしている写真など証拠には事欠きませんでした
満足度 得られた証拠の内容は大変満足
その後どうしたか 浮気相手に慰謝料を請求。主人とは、子どもの結婚式に出席後、離婚する予定。
浮気調査をした感想 精神的にスッキリしたことに加えて、子どもが来年結婚するのでその後離婚する際に有利にことが運べるので良かったと思っています。

まとめ

浮気調査にかかる費用は、ある程度の目安が決められており、時間制やパック制といった料金体系によって違ってきます。

また、単に浮気をしていることを調べたいのか、証拠をきちんと押さえたいのかといった目的によっても費用の総額は変わってくるものです。

調査にかかる費用の内訳を把握したうえで、どの範囲までを自分で行うのかも考えてみましょう。

費用とリスクのバランスを見極めながら、上手に探偵事務所を探していき、浮気調査をスムーズに進めていくことが大切です。

浮気調査の相談窓口

浮気調査に関する不安や疑問を
お気軽にご相談ください。

0120-379-048

  • 24時間受付
  • 匿名OK
  • 相談だけでもOK
- 以下のようなご相談を承っています -
  • どのような調査ができるか
  • 調査費用について
  • 調査にかかる期間
  • 慰謝料請求できる可能性
無料相談窓口の詳細はこちら
有岡 佳次朗
監修者:弁護士法人・響 弁護士
有岡 佳次朗
・弁護士会所属:第一東京弁護士会所属 第53081号
・出身大学:上智大学法学部 明治大学法科大学院
・保有資格:弁護士・宅地建物取引士
・コメント:浮気調査など夫婦問題の案件を多数取り扱ってきました。ご依頼者様に寄り添い、最善の結果を出すために全力で取り組むことをモットーにしています。

カテゴリー内記事一覧

成功報酬制は本当にお得?浮気調査でしっかり証拠を取るためのポイ…

パートナーに浮気の疑いがあり、プロの探偵に依頼をしようとするときには、「費用が一体いくらかかるの…

費用は抑えたい!格安で浮気調査をするコツと探偵事務所の相場

パートナーの浮気を疑っていても、調査のためにあまりお金をかけたくないと感じる場面もあるものです。…