メディア実績

雑誌

2017年7月21日発売(8月5日号)
講談社「週刊現代」

今世紀最大の夫婦ゲンカはいよいよ法廷へ 船越英一郎 vs 松居一代「離婚裁判」勝つのはどっちだ』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
DV行為による慰謝料、偽計業務妨害の可能性、第三者に対する名誉毀損などについて、詳しく解説しました。

2017年7月15日発売(7月31日号)
集英社「週刊プレイボーイ」

恐怖の“ネット暴露テロ”から身を守る方法を弁護士が伝授!』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
松居一代さんがSNSを使って暴露している件について、法的な問題や、一般の方も被害に遭った場合の対処法などを詳しく解説しました。

2017年7月13日発売(7月27日号)
小学館「女性セブン」

松居一代がひた隠す「7つの嘘」』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
松居さんのネットツールを使った行動について、どのような犯罪にあたるのか、今後の離婚調停や裁判への影響について、詳しく解説しました。

2017年7月11日発売(7月25日号)
主婦と生活社「週刊女性」

松居一代が持つあの「恐怖のノート」の中身と船越英一郎の“胸の内”』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
離婚調停が不調に終わった場合のその後の流れや、争われる期間などについて詳しく解説しました。

2017年6月15日発売(7月6日号)
小学館「女性セブン」

『小出恵介「17才シングルマザー」「示談金1000万円」あぁ泥仕合』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
淫行条例の東京と大阪の違いや強姦罪・準強姦罪の可能性、未成年者飲酒禁止法について詳しく解説しました。

2017年6月13日発売(6月27日号)
主婦と生活社「週刊女性」

小出恵介 あのタレントとの大失恋』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
今回の淫行疑惑について、大阪府の青少年健全育成条例に違反する可能性があるのか詳しく解説しました。

2017年6月6日発売(6月20日号)
主婦と生活社「週刊女性」

泰葉、前夫・春風亭小朝と和田アキ子への提訴を発表 気になる勝訴の可能性』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
発表会見時に弁護士が不在だった理由、訴訟の勝敗を決するポイントなどを詳しく解説しました。

2017年5月30日発売(6月13日号)
主婦と生活社「週刊女性」

眞子さまと小室圭さんの新婚生活 10の「疑問」!』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
パラリーガルの職業について、国際弁護士の職業について、詳しく解説しました。

2017年5月23日発売(6月6日号)
主婦と生活社「週刊女性」

二審敗訴の羽賀研二受刑者が財産隠し疑惑でさらなる懲役刑も』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
強制執行行為妨害罪で逮捕される可能性や奥さんが共犯となる可能性、予想される量刑について詳しく解説しました。

2017年5月16日発売(5月30日号)
主婦と生活社「週刊女性」

意外にもめる!?子どもに面倒が降りかかる?その「死後離婚」ちょっと待った!』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
死後離婚と言われている姻族関係終了届について、メリット・デメリットなども含め法的に解説しました。

2017年4月25日発売(5月9日・16日合併号)
主婦と生活社「週刊女性」

坂口杏里容疑者 ホスト通いの資金繰りで切れた縁』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
恐喝罪について、今回の勾留申請、不起訴処分の可能性などについて詳しく解説しました。

2017年3月28日発売(4月11日号)
主婦と生活社「週刊女性」

特集ページ『少女たちを食い物にするアイドルオタクの卑劣な手口』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で逮捕された男性について、違反容疑の内容や予想される量刑など詳しく解説しました。

2017年3月14日発売(3月28日号)
主婦と生活社「週刊女性」

特集ページ『「子どもに会いたい…」面会を禁じられた“親の悲痛”!』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
離婚後の子どもとの面会交流についての記事で、面会が認められない条件やその事例などを詳しく解説しました。

2017年2月28日発売(3月14日号)
主婦と生活社「週刊女性」

特集ページ『宮城・石巻市 震災遺児後見人横領事件 震災で両親を亡くした“甥”から6800万円を奪った“叔父”の悪行』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
後見人制度について、民事訴訟での被害額弁済、自己破産の可能性について、詳しく解説しました。

2017年2月20日発売(3月4日号)
講談社「週刊現代」

特集ページ『週現法律相談所 今の時代「ほんとに捕まる」軽犯罪一覧』にて、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
有名人の線路内無許可立入の報道が話題を呼びましたが、何気ない行為が犯罪になってしまうかもしれない、意外な軽犯罪について事例を踏まえ、詳しく解説しました。

2017年2月12日発売(3月号)
日本評論社「法学セミナー」

特集ページ『最高裁判決2016-弁護士が語る』において、西川研一代表弁護士の拙稿が掲載されました。
【NOONダンス営業規制違憲訴訟】について、6ページにわたり、ダンス営業規制、今回の逮捕から起訴・訴訟の展開、風営法改正の経緯・問題点などを記載しております。

2017年1月26日発売(2月9日号)
小学館「女性セブン」

特集ページ『カジノは女を不幸にする』にて、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
カジノ法案についての記事で、日本にカジノが出来た場合の影響や風営法について詳しく解説しました。

2017年1月24日発売(2月7日号)
主婦と生活社「週刊女性」

特集ページ『凍結受精卵を夫に無断で移植し妊娠・出産』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
昨年末、奈良家裁に親子関係不存在の請求、奈良地裁に損害賠償請求を提訴したニュースについて、法的解説を行いました。

そして、『狩野英孝 あまりに笑えなかった「大人の付き合い」』という記事でも、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
淫行疑惑を報じられた狩野英孝さんのニュースで、都条例や今後の警察の取り調べを受ける可能性などについて、解説しました。

2016年12月28日発売(1月5日・12日新年特大号)
文藝春秋「週刊文春」

慰謝料や等級認定に大きな差 事故被害を弁護士に頼むメリット』という記事で、西川研一弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
弁護士が交渉することで損害賠償額が増額する場合があることや、後遺障害の等級認定についてなど、弁護士に相談するメリットを詳しく解説しています!

2016年12月12日発売(12月24日号)
講談社「週刊現代」

千葉大医学部レイプ事件 23歳犯人の「華麗すぎる家柄」』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
逮捕された医学部生の容疑、集団強姦致傷について、また示談や不起訴の可能性、有罪となった場合の量刑などについて、詳しく解説しました。

2016年12月6日発売(12月20日号)
主婦と生活社「週刊女性」

ASKA容疑者 シャブをヤメられないワケ』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
ASKA容疑者の起訴された場合の予想される量刑や、不起訴の可能性について、詳しく解説しました。

2016年11月29日発売(12月13日号)
主婦と生活社「週刊女性」

エリート大学生が“集団性的暴行”を犯すワケ』という記事で、寺野朱美弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
大学生による性犯罪が相次いでいることについて、多発している理由や量刑などを詳しく解説しました。

2016年11月15日発売(11月29日号)
主婦と生活社「週刊女性」

所ジョージ「世田谷ベース」の壁に刻まれた戦慄の“7文字”』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
所ジョージさんの自宅兼事務所に悪質な落書きがされた事件について、罪状や量刑について解説を行いました。

2016年11月1日発売(11月15日号)
主婦と生活社「週刊女性」

高樹沙耶容疑者 男次第 “バブル女”のなれの果て』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
大麻取締法違反で逮捕された高樹容疑者について、有罪になった場合の量刑や所持量などについて詳しく解説しました。

2016年9月13日発売(9月27日号)
主婦と生活社「週刊女性」

高畑裕太 不可思議な不起訴』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
示談や示談金、不起訴について詳しく解説しました。

2016年8月30日発売(9月13日号)
主婦と生活社「週刊女性」

特集ページ「高畑淳子 溺愛した息子の“裏切り”と背負い続ける黒い“十字架”」という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
強姦致傷の疑いで逮捕された裕太容疑者の罪について、また裁判員裁判や量刑について詳しく解説しました。

そして、「高知東生被告 三下り半でも高島礼子にすがるワケ」という記事でも、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
明日、高知被告の初公判が開かれることを受け、情状証人の役割や情状証人の出廷について詳しく解説しました。

2016年8月5日発売(8月19日・26日合併号)
講談社「FRIDAY」

高島礼子から縁を切られ… 無職・高知東生のこれから』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
高知被告の予想される量刑などについて、詳しく解説しました。

2016年8月3日発売号(8月11日・18日合併号)
文藝春秋「週刊文春」

『慰謝料や等級認定に大きな差 事故被害を弁護士に頼むメリット』という記事で、西川研一弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
弁護士が交渉することで損害賠償額が増額する場合があることや、後遺障害の等級認定についてなど、弁護士に相談するメリットを詳しく解説しています!

2016年7月26日発売号(8月9日号)
主婦と生活社「週刊女性」

特集ページ『「ポケモンGO」人気に便乗するトラブルも!ゲーム会社の責任はないのか?』という記事にて、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
すでに世界中でトラブルが続出している件について、ゲーム会社の責任など法的に解説しました。

2016年7月7日発売号(7月21日号)
小学館「女性セブン」

特集ページ「新われらの時代に(NO.658)『厄介な隣人 名前も知らない隣人』」にて、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
千葉県館山市で起きたご近所トラブルから発生した殺人事件をもとに、ご近所とトラブルになってしまった際の対処法などを詳しく解説しました。

2016年7月5日発売号(7月19日号)
主婦と生活社「週刊女性」

高島礼子が慟哭した「子どもがいたら違ったかも…」』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
夫・高知容疑者が逮捕された覚せい剤事件で、今後、裁判になった場合の高知容疑者、五十川容疑者の量刑について、詳しく解説しております。

2016年5月17日発売号(5月31日号)
主婦と生活社「週刊女性」

今期NO.1ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」を徹底審理』という記事で、西川研一弁護士・徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
ドラマと現実の弁護士の違いについて、元警察官の方も交えて座談会形式で掲載されています。

2016年4月27日発売号(5月5日・12日 ゴールデンウィーク特大号)
文芸春秋「週刊文春」

『慰謝料や等級認定に大きな差 事故被害を弁護士に頼むメリット』という記事で、西川研一弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
弁護士が交渉することで損害賠償額が増額する場合があることや、後遺障害の等級認定についてなど、弁護士に相談するメリットを詳しく解説しています!

2016年4月18日発売号(5月2日号)
双葉社「週刊大衆」

『「芸能人と闇カジノ」黒すぎる関係』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。賭博罪について解説をしています。

2016年3月8日発売号(3月22日号)
主婦と生活社「週刊女性」

『宇多田ヒカル「勝手に使わないで」著者に大激怒』という記事で、徳原弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
パブリシティ権に関して詳しく解説しました。

『「相続対策」4つのキモ 最新版』の特集ページで徳原弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
相続トラブルの回避術など、事例をふまえてわかりやすく解説しました。

2016年2月16日発売号(3月1日号)
主婦と生活社「週刊女性」

『ゲス川谷が支払うベッキー不倫の“お値段”』という記事で、伊藤美穂弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
不倫の慰謝料問題に関して詳しく解説しました。

2016年1月12日発売号(1月26日号)
主婦と生活社「週刊女性」

『NHK紅白“偽造入場券”が大量に出回っていた!!』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
商取引での詐欺に関して詳しく解説しました。

2015年12月1日発売号(12月8日号)
扶桑社「週刊SPA!」

『[満員電車]がラクになる方法』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
電車内でのトラブルの対処方法について詳しく解説しました。

2015年11月24日発売号(12月8日号)
主婦と生活社「週刊女性」

『DNA裁判“勝訴”でつけた大沢樹生のケジメ』という記事で、西川研一弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
裁判におけるDNA鑑定の重要性ついて詳しく解説しました。

2015年9月8日発売号(9月22日号)
主婦と生活社「週刊女性」

『女の一生を襲う一大事 「もしも」マニュアル』という特集ページで、徳原弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
浮気の証拠・慰謝料、離婚、モラハラ、遺産相続について、法的見解を分かり易く解説しました。
夫の浮気で離婚、夫たちからの慰謝料の相場は計200万円

2015年8月4日発売号(8月18日25日合併号)
主婦と生活社「週刊女性」

『高倉健さん「散骨を希望」で墓石ナシ 生前の豪邸いまの持ち主は…』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
高倉健さんの巨額な相続について、相続税について詳しく解説しました。

2015年6月16日発売号(6月30日号)
主婦と生活社「週刊女性」

『芸能界個人情報ネットにダダ漏れ事件簿』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
個人情報保護法について、頻発する情報漏洩の原因について、法的見解を詳しく述べました。

2015年6月9日発売号(6月23日号)
主婦と生活社「週刊女性」

『畠山みどり それでも変わらない借金地獄の日々』という記事で、西川研一弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
家賃未払いによる立ち退きを求めて争われていた裁判の判決について、法的見解や今後予想される展開など分かり易く解説しました。
裁判で勝利した畠山みどり、異例の結果に弁護士も驚き
3億円自宅トラブル裁判の畠山みどり、裁判勝利も借金地獄

2015年5月23日発売号(7月号)
光文社「JJ」

『JJガールの将来』という連載ページにて、『「ハラスメント問題」について考えてみよう』というテーマで安田知央弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
セクハラ・パワハラ・モラハラ・アルハラ・スメハラ・マタハラ・マリハラ・ソーハラ…など、今、注目の「ハラスメント問題」について法的に解説を行いました。

2015年3月31日発売号(4月14日号)
主婦と生活社「週刊女性」

『きゃりーの顔にもドロ! 所属事務所後輩モデルのブランドで起きた横領事件』という記事で、安田知央弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
人気モデルのブランドで起きた横領事件について、刑罰など法的見解を述べました。
人気モデル・田中里奈プロデュースブランドで横領事件発覚

2015年3月10日発売号(3月24日号)
主婦と生活社「週刊女性」

『テレビの裏側 徹底調査 ”気になるアレ”の正体』という記事で、1週間、各民法テレビ番組で放送された「番組をインターネットに許諾なく公開することは違法です」という啓発テロップについて、西川研一弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
違法配信の刑罰について、法的内容について詳しく解説いたしました。

2014年12月22日発売号(1月6日、13日合併号)
主婦と生活社「週刊女性」

『2014 あの事件、事故、騒動 その後、何があった?』という記事で、西川研一弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
タレントの大沢&喜多嶋「俺の子じゃない」騒動のDNA鑑定について、法的見解を詳しく述べました。

2014年12月16日発売号(1月1日号)
主婦と生活社「週刊女性」

『わが子の名前に込める”親の願い”はどう変わった?』という記事で、西川研一弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
改名する為の法的手続きや条件などをわかりやすく解説しております。

2014年11月11日発売号(11月25日号)
主婦と生活社「週刊女性」

『減らないルール違反に”怒りの鉄槌” 嵐とキスマイのチケットが無効に…』というジャニーズファンクラブが名指しで警告・チケット無効にした件についての記事で、西川研一弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
チケットの無効は法律的に問題があるのか?転売を購入した人は損害賠償請求できるのか?など法的見解を述べました。

2014年9月23日発売号(10月7日号)
主婦と生活社「週刊女性」

『酒と暴力に耐え抜いた妻が最後に守ろうとしたもの』という茨城県で起きた殺人事件についての記事で、西川研一弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
『正当防衛』や『情状酌量』など、減刑について詳しく解説しております。

2014年8月26日発売号(9月9日号)
主婦と生活社「週刊女性」

『中山美穂 子ども「放棄」の離婚決意を語るもはっきりしない”恋ドラ”女優の行方』という記事で、西川研一弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
離婚時の子どもの親権について、詳しく解説しております。

2014年6月24日発売号(7月8日号)
主婦と生活社「週刊女性」

『独占スクープ 大沢樹生との“デキ婚”直前 喜多嶋舞と交際していた元俳優「オレが本当の父親」』という記事で、西川研一弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
親子関係不存在の確認訴訟について、相続関係について、第3者との認知について、詳しく解説しております。

2014年5月27日発売号(6月10号)
主婦と生活社「週刊女性」

『堕ちたASKA「心の闇」「妻の支え」「事件の今後」大捜査』という記事で、西川研一弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
ASKA覚せい剤事件の量刑や損害賠償、離婚慰謝料について、わかりやすく解説しております。

2014年5月20日発売号(6月3日号)
主婦と生活社「週刊女性」

『つちやかおり 接触事故で問われる責任と始まらない離婚協議』という記事で、西川研一弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
今回の交通事故の過失や賠償について、詳しく見解を述べました。

2013年11月25日発売(12月9日号)
集英社「週刊プレイボーイ」

『〈風営法クラブ裁判、警察のトンデモ解釈に異議あり!!〉今、あらためて考えたい素朴な疑問“違法なダンス”って、なんだ?』という記事で、西川研一弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。

弁護士法人・響はメディアを通じて法律に関する情報を発信しています。

弁護士法人・響では、テレビやラジオ、新聞、雑誌などからの出演・取材・インタビュー、映画や番組の法律監修、書籍の執筆など、あらゆるメディアからのご依頼に積極的に協力させていただいております。

出演料や取材協力費等は、一切いただいておりません(無料)。
ご依頼には、短時間での対応が可能です。(報道番組や新聞など、回答時間が限られているものでも対応が可能です。)

取材・企画協力はこちら