取扱い業務・費用

労働問題

不当解雇・残業代の未払い・セクハラ・パワハラ等
労働問題は弁護士法人・響にご相談ください。

労働問題について

このようなお悩みをお持ちの方

  • 急に会社から辞めるように圧力をかけられている
  • 長時間労働をしても、残業代がまったく支払われない・残業代が少ない
  • 上司から性的な嫌がらせを受けていて苦痛
  • 上司から毎日罵声叱責を受けていて苦痛

労働問題とは

労働問題は、労働者であれば、誰でも直面しうる働いていく上での諸問題のことで、一方的な解雇や残業代等の賃金の問題、過労死、セクシャルハラスメント、パワーハラスメント、マタニティハラスメントなど、種類は様々です。

不当解雇・残業代未払い・セクハラ

不当解雇

会社の都合で、一方的に会社から労働契約(雇用契約)を解約されることが「解雇」です。
会社は、決められた要件を満たしていなければ、従業員を解雇することはできません。

性別、出産・産休、国籍・信条、転勤を拒否したこと、会社へ意見したこと、私情や感情などを理由にした一方的な解雇はもちろん、会社の業績は悪くないのにリストラを言い渡された場合など、不当解雇にあたる可能性が高いです。

不当解雇の場合、解雇の無効が認められれば、解雇されてから現在に至るまでの本来支払われるべき賃金相当額を請求することができます。
解雇についてお悩みの方は、まず弁護士法人・響にご相談ください。

残業代未払い

原則として、一日8時間以上、もしくは一週間で40時間以上働いた場合、残業代を請求できます。
残業代を請求するには、タイムカードや勤怠データなど、客観的に証拠となりうるものを集めることが重要です。
証拠となりうるものがない場合でも、請求が認められる場合もありますので、詳しくは弁護士法人・響にご相談ください。
また、残業代を請求できるのは、原則として直近の2年間までですので、ご注意ください。

セクハラ

セクハラ(セクシュアル・ハラスメント)とは、受け手が不快に感じる性的嫌がらせのすべてを指します。
性的な要求を断ったことが原因で、解雇・異動・減給になった場合はもちろん、性的な嫌がらせが原因で、仕事が手につかなくなってしまった場合も、セクハラとなります。
セクハラでお悩みの方は、できるだけ具体的な証拠を集め、1度弁護士にご相談ください。

その他、パワー・ハラスメント、マタニティ・ハラスメントなど、労働問題でお悩みの方は、弁護士法人・響に1度ご相談ください。

弁護士法人・響の労働問題サポートチームなら

01

解決実績豊富な弁護士・スタッフが解決まで徹底サポート

弁護士法人・響の経験豊富な弁護士・スタッフが解決までフルサポートいたします。
秘密厳守でご対応いたしますので、ご安心ください。

02

24時間・365日、相談受付。全国対応

どこの方でもすぐに相談できるように、弁護士法人・響では、24時間365日、全国エリアのご相談を受け付けております。

03

相談料0円・分割払い可能

ご相談は0円、弁護士費用も分割でお支払頂けますので、ご安心ください。

費用

相談料 0
着手金 200,000円~
成功報酬

経済的利益の額の3%~16%(税別)

  • 経済的利益の額により割合が変更されます。

取扱い業務・費用一覧へ戻る

弁護士法人・響にお任せください。
労働問題に関するお問い合わせはこちら

0120-205-376

Webからのご相談