メディア実績

新聞

2017年5月13日発売
サンケイスポーツ

ミナミで酒気帯び運転容疑 ガリガリガリクソン逮捕』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
逮捕に至った理由や釈放の可能性、行政罰・刑事罰について詳しく解説しました。

2017年4月21日発売
サンケイスポーツ

微罪なのに釈放されず 坂口杏里容疑者を異例の勾留』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
微罪にもかかわらず勾留申請をした検察側の目的や、起訴の可能性などについて、詳しく解説しました。

2017年4月20日発売
サンケイスポーツ

坂口杏里容疑者 ホストから3万円恐喝未遂容疑逮捕』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
恐喝罪の量刑について、起訴や有罪の可能性などについて、詳しく解説しました。

2017年3月15日発売(16日号)
東京スポーツ

バレエ講師 指切断 懲役6年求刑』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
同じ求刑で犯行の共通点が多い陰茎切り裁判との違いや予想される量刑などについて、詳しく解説しました。

2017年3月1日発売
デイリースポーツ

岩埼被告 懲役14年6月 徳原弁護士の見解』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
小金井女子大学生刺傷事件の判決について、判決内容や控訴の可能性など法的見解を述べました。

2017年2月23日発売
朝日新聞、読売新聞、産経新聞、毎日新聞 他

西川研一代表弁護士が所属する嘉手納基地爆音差止訴訟弁護団の第3次嘉手納爆音訴訟判決が本日言い渡され、その内容がテレビや新聞など各メディアにて掲載されました。

2017年2月18日発売
デイリースポーツ

著書発売は事務所との契約違反の可能性-売り上げを賠償金として請求も 弁護士の見解』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
清水富美加さんが引退発表後、緊急出版した告白本について、契約違反の可能性、賠償金の可能性などについて詳しく解説しました。

2017年2月14日発売
デイリースポーツ

清水富美加問題、弁護士の見解「2週間前の通知だけで契約解除できない」』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
急遽、引退を発表した清水富美加さんの契約解除、違約金や損害賠償について詳しく解説しました。

2017年2月14日発売
サンケイスポーツ

『清水富美加 引退しません』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
急遽、引退を発表した清水富美加さんの違約金の可能性や金額などについて、詳しく解説しました。

2017年2月11日発売
デイリースポーツ

松本伊代らの送検「知らしめ」の意味? 徳原聖雨弁護士の見解』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
松本伊代さんと早見優さんが鉄道営業法違反の疑いで書類送検されたニュースについて、送検後の流れや罰則、今回送検された意味など詳しく解説しました。

2017年2月10日発売
デイリースポーツ

『芸能界にも闇カジノ違法賭博疑惑 弁護士の見解』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
違法賭博疑惑の報道について、今回の件が罪に問われる可能性、賭博罪や量刑、違法賭博が社会に与える影響など詳しく解説しました。

2017年1月27日発売
サンケイスポーツ

『23日初公判後に2人とも保釈されていた 金額「高い印象」』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
大麻取締法違反(所持)の罪に問われている高樹沙耶被告の保釈保証金、保釈理由、身元引受人、今後の裁判の行方などについて詳しく解説しました。

2017年1月24日発売
サンケイスポーツ

『高樹沙耶被告 「使用」認めるも「大麻所持」は否認』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
高樹沙耶被告の初公判のニュースで、共同所持、有罪の可能性、予想される量刑などについて、解説しました。

2017年1月21日発売
デイリースポーツ

きょう会見 狩野英孝 謹慎長期化も』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
淫行疑惑を報じられた狩野英孝さんのニュースで、都条例や今後の警察の取り調べを受ける可能性などについて、解説しました。

2017年1月20日発売
サンケイスポーツ

『狩野 今度は17歳女子高生』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
都条例や児童福祉法について、詳しく解説しました。

2017年1月18日発売
日本経済新聞(夕刊)

子がいじめ被害、法的手段は可能?』という記事で、徳原聖雨弁護士が日経DUALで連載している記事を引用したものが、掲載されました。
子どものいじめについて実例や対応方法などの法的解説を行っております。

2017年1月18日発売
サンケイスポーツ

高樹沙耶被告、23日初公判 同居男性とともに出廷へ』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
大麻取締法違反の罪に問われた高樹沙耶被告の初公判が、異例の長時間、分離裁判になったことについて法的見解を述べました。

2017年1月10日・12日発売
琉球新報

島村海利弁護士が、沖縄米軍基地移設問題について執筆した記事が、上・下として2日に渡り掲載されました。
「偽りの負担軽減」というタイトルにて、ヘリパッド建設と北部訓練場の一部返還について、具体的に記載しております。

2016年12月21日発売
サンケイスポーツ

ASKA「尿を出したら必ず陽性にされてしまう」一夜明けブログで心境吐露』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕され釈放されたASKAさんのお茶のすり替え発言について、初動捜査の問題、今後の捜査などについて詳しく解説しました。

2016年12月20日発売
デイリースポーツ

嫌疑不十分 ASKA不起訴 釈放』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕されたASKAさんの不起訴処分について、再鑑定などについて詳しく解説しました。

2016年12月20日発売
サンケイスポーツ

ASKA不起訴 尿検査でお茶入れた』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕されたASKAさんの不起訴処分について、勾留期限での釈放について詳しく解説しました。

2016年12月14日発売
サンケイスポーツ

ノンスタ井上 2カ月前後活動自粛 30本以上キャンセル』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
ノンスタイル井上さんが起こした交通事故について、刑事罰や行政罰がどのようになるのか詳しく解説しました。

2016年12月14日発売
デイリースポーツ

ノンスタ井上ひき逃げ事件、弁護士の見解「きちんと通報していれば…」』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
ノンスタイル井上さんが起こした交通事故について、刑事罰や不起訴の可能性、行政罰など詳しく解説しました。

2016年11月29日発売
サンケイスポーツ

覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕されたASKA容疑者について、徳原聖雨弁護士が下記2つの記事で取材を受けた内容が掲載されました。

ASKA 覚醒剤でまた逮捕 有罪なら実刑5年か
今回の執行猶予中の逮捕について予想される量刑、保釈の可能性、取り調べ内容について詳しく解説しました。
脱せぬ負の連鎖 仕事の再開が再犯につながった
覚醒剤の再犯率について、詳しく解説しました。

2016年11月29日発売
デイリースポーツ

ASKA容疑者また逮捕 徳原弁護士の見解』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
今回の執行猶予中の逮捕について予想される量刑、覚醒剤の再犯率、自首にあたるかどうかなど詳しく解説しました。

2016年11月17日発売
毎日新聞、日本経済新聞、琉球新報 他

西川研一代表弁護士と中禮啓文弁護士が所属する普天間飛行場爆音差止訴訟弁護団の第2次普天間爆音訴訟判決が本日言い渡され、その内容がテレビや新聞など各メディアにて掲載されました。

2016年11月16日発売
デイリースポーツ

下記、2つの記事について、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
所ジョージ事務所の壁に落書き「死刑」
今回、捜査が行われている容疑「器物損壊」について、法的に解説しました。
高樹被告 量刑は「懲役1年、執行猶予3年前後」か
昨日、那覇地検に起訴された高樹被告の予想される量刑やその理由について、詳しく解説しました。

2016年10月26日発売
サンケイスポーツ

高樹沙耶容疑者 大麻所持で逮捕』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
今回の逮捕の内容について、起訴されて裁判となった場合の量刑について詳しく解説しました。

2016年10月26日発売
デイリースポーツ

高樹沙耶容疑者 大麻で逮捕 奇行、炎上の末ついに・・・』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
逮捕時に所持していた乾燥大麻の量について、有罪となった場合の量刑について詳しく解説しました。

2016年10月25日発売
朝日新聞、産経新聞、日本経済新聞 他

西川研一代表弁護士が弁護団として所属する名古屋市バス運転手過労死事件において、市に損害賠償を求める訴訟を名古屋地裁に起こした内容が、テレビや新聞など各メディアにて掲載されました。

2016年10月14日発売
毎日新聞

ハンセン病家族訴訟 国、請求棄却求める 熊本地裁』という記事で、井上将宏弁護士、後藤壮一弁護士が参加するハンセン病家族訴訟弁護団の記事が掲載されました。

2016年9月16日発売
サンケイスポーツ

高知被告に懲役2年、執行猶予4年 五十川被告と最後まで目を合わせず』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
今回の判決内容について、詳しく解説しました。

2016年9月16日発売
デイリースポーツ

高知被告に懲役2年、執行猶予4年 弁護士の見解』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
今回の判決内容について、法的見解を述べました。

2016年9月10日発売
デイリースポーツ

高畑裕太の不起訴 弁護士の見解は「公判維持が困難と判断した可能性高い」』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
示談、釈放、不起訴について法的見解を述べました。

2016年9月1日発売
サンケイスポーツ

高知東生被告“シャブ情事”初公判「どうやったらバレないか考えた」』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
初公判にて高知被告と五十川被告の求刑がともに懲役2年になった理由、そして予想される判決について詳しく解説しました。

2016年9月1日発売
デイリースポーツ

『高知被告 10代後半から大麻 20歳頃に覚醒剤』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
初公判にて高知被告と五十川被告の求刑が懲役2年となった理由、そして2人が同じ求刑となった理由などについて詳しく解説しました。

2016年8月31日発売
サンケイスポーツ

高知東生被告 きょう初公判 高島礼子は情状証人として出廷せず』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
高知被告、五十川被告の予想される求刑や量刑について詳しく解説しました。

2016年8月24日発売
デイリースポーツ

高畑裕太容疑者 量刑は「懲役7年程度の実刑判決」か』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
強姦致傷容疑で逮捕された高畑容疑者の予想される量刑などについて、詳しく解説しました。

2016年8月3日発売(4日号)
東京スポーツ

“愛人”五十川被告スッピン保釈その後 量刑は高知被告より重くなる?』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
覚醒剤取締法違反などの罪で起訴された高知被告と五十川被告の起訴内容や保釈、量刑について詳しく解説しました。

2016年6月1日発売(2日号)
日刊ゲンダイ

清原 保護観察なしの大ショック』という記事で、徳原弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
保護観察について、付かなかった理由、再犯についてなど、詳しく解説しました。

2016年6月1日発売
デイリースポーツ

清原被告 懲役2年6月、執行猶予4年 予想より重い印象 西川研一弁護士』という記事で、西川研一弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
判決内容について、保護観察が付かなかった理由について、法的見解を述べました。

2016年5月31日発売
デイリースポーツ

清原被告 きょう判決』という記事で、西川研一弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
予想される量刑について、被告が通常の執行猶予に比べて厳しい保護観察付きを求めたことについて、詳しく解説しました。
記事全体が、西川研一弁護士の解説コメントになっております。

2016年5月18日発売(19日号)
東京スポーツ

ワイド特捜最前線』というコーナーにて清原和博被告の初公判について西川研一弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
求刑について、最終的は量刑について法的見解を述べました。

2016年5月18日発売
デイリースポーツ

『覚醒剤使用 遅くとも08年から』という清原和博被告の初公判の記事で、西川研一弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
被告の求刑について、予想される判決について法的見解を述べました。

2016年5月17日発売
デイリースポーツ

清原被告 きょう注目の初公判』という記事で、西川研一弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
被告の量刑について詳しく解説をしています。

2016年5月11日発売(12日号)
日刊ゲンダイ

「三菱自動車 燃費データ不正 警視庁来月強制捜査へ」という記事で、西川研一弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
不正競争防止法について詳しく解説しました。

2016年4月14日発売(15日号)
日刊ゲンダイ

『潮目が変わった 検察の甘利捜査』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
収賄罪について説明をしています。

2016年4月1日発売(2日号)
日刊ゲンダイ

『三船美佳 高橋ジョージへの強烈離縁状』という記事で、西川代表弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
長期化する離婚訴訟と離婚の条件について解説しています。

2016年3月30日発売
デイリースポーツ

『三船美佳 高橋ジョージ 離婚成立』という記事で、西川研一弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
離婚訴訟の和解について説明をしています。

2016年3月28日~4月1日発売
日刊ゲンダイ

サラリーマンと不倫』という連載記事で、西川代表弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
全5回に渡る連載の中、不倫についてコメントをしました。

2016年3月16日発売
デイリースポーツ

清原保釈即日申請せず』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
保釈申請について説明をしています。

2016年3月9日発売(10日号)
日刊ゲンダイ

『身元引受人はアントニオ猪木か』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
保釈の手続きや身元引受人について説明をしています。

2016年2月22日発売(23日号)
日刊ゲンダイ

『まさかの不起訴浮上』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
精神疾患者の刑事責任能力について解説をしています。

2016年2月17日発売(18日号)
日刊ゲンダイ

『現実味帯びてきた 清原自己破産』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
自己破産について説明をしています。

2016年2月12日発売(13日号)
日刊ゲンダイ

『清原シャブ捜査』という記事で、徳原聖雨弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
容疑者の勾留期間について説明をしています。

2016年1月14日発売(15日号)
日刊ゲンダイ

『不倫の代償はいくら?』という記事で、伊藤美穂弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
離婚における慰謝料について詳しく解説してます。
「慰謝料は青天井」 ベッキー“不倫のツケ”を弁護士が算出

2015年6月25日
東京新聞

「改正風営法 新たな規制」という記事で、西川研一弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
今回の改正について注意すべき点、問題点などをNOON訴訟弁護団長として、見解を述べました。

2014年12月3日
東京スポーツ

「敏腕弁護士がズバリ答えます!泥酔トラブル 法律相談室」というコーナーで、西川研一弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
身近に起こりうる泥酔トラブルについて、色々なケースごとに法的にどうなるのか?どのように対処すれば良いのか?詳しくアドバイスしております。

2014年5月23日
毎日新聞

「雨宮処凛と憲法生活」という記事内にて、西川研一弁護士がインタビュー取材を受けた内容が掲載されました。
街歩きで憲法を気楽に考える企画で、『第21条 表現の自由』をテーマにダンスクラブの規制問題について見解を述べました。

2014年5月22日(21日号)
日刊ゲンダイ

「薬物事件に詳しい弁護士が読み解く ASKAの言葉」という記事で、西川研一弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
ASKA覚せい剤事件の量刑について、詳しく解説しております。
薬物事件に詳しい弁護士が検証 ASKAの“言い分”の是非

2013年9月2日
山陽新聞

『ダンス深夜規制に困惑広がる 岡山県内クラブ、法改正求め署名も』という記事で、西川研一弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
風営法による営業許可取得についての実情や警察の対応などの実態についてお話ししました。

2012年5月30日
朝日新聞

『朝まで踊れるクラブ取り戻せ 規制撤廃求め全国署名活動』という記事で、西川研一弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。
風営法による取り締まりについて見解を述べました。

弁護士法人・響はメディアを通じて法律に関する情報を発信しています。

弁護士法人・響では、テレビやラジオ、新聞、雑誌などからの出演・取材・インタビュー、映画や番組の法律監修、書籍の執筆など、あらゆるメディアからのご依頼に積極的に協力させていただいております。

出演料や取材協力費等は、一切いただいておりません(無料)。
ご依頼には、短時間での対応が可能です。(報道番組や新聞など、回答時間が限られているものでも対応が可能です。)

取材・企画協力はこちら