2022.1.14 更新

交通事故の過失割合の記事一覧

交通事故の過失割合を弁護士が変更できる理由|依頼のメリットも解説

交通事故に遭って、明らかに相手に非があると思っていたのに、自身にも過失があると相手から主張されることもあります。 相手の保険会社から提示された過失割合で、自身の過失が大きくなると、支払ってもらえ...

過失相殺の適用範囲・計算方法が知りたい!納得できないときの対処法

交通事故が起こった原因について、当事者の責任の割合を示したものを「過失割合」といいます。 また、過失割合に応じて示談金から差し引くことが「過失相殺」(かしつそうさい)です。 過失相殺のもと...

過失割合9:1はどのような交通事故?10:0に変更できる可能性は

交通事故が発生すると、その責任は事故当事者の双方が負うケースが多くあります。 それぞれの責任の度合いを示す割合が「過失割合」で、9:1(9対1、90:10)、8:2(8対2、80対20)などと表...

交通事故はなぜ過失割合でもめる?納得いく示談交渉をするためには

交通事故に遭ってしまった際に、相手ともめることになりやすいのが、事故の「過失割合」です。 もめる原因の一つとして、過失割合の大きさによって事故の当事者双方の払うべき損害賠償額が変わってくることが...

【図解あり】交通事故の過失割合が10対0の事例と補償額

交通事故の慰謝料(示談金)は、事故当時者どうしの責任割合である「過失割合」によって決められます。 赤信号で停車中に後続車に追突された場合は、過失割合10(相手)対0(自分)だと考えていても、相手...

交通事故の過失割合とは?適正な過失割合を知り変更する方法

自動車どうしの交通事故の場合「自分に非がないはず」と思っていても、当事者どちらにも過失があると見なされる場合があります。 過失割合は過去の判例などをもとに一定の基準が設けられており、それによって...

お悩み別ページ

カテゴリ一から探す