弁護士紹介

弁護士 青塚 貴広

第二東京弁護士会所属 第57651号

「弁護士に頼っても、いいんだ」 苦しい時、気軽に相談していただける存在でありたい。

メッセージ

きっかけは一冊の本でした

中学生の時「なぜ君は絶望と戦えたのか」という本を読みました。有名な刑事裁判で、死刑判決が出るまでのルポルタージュなのですが、苦しんでいる方々が救われないという現実を知り、大きなショックを受けました。この本が、法曹の道を目指すきっかけとなりました。

その後、「自分の身近に、こんなに悩んでいる人がいるんだ」と思う出来事がありました。特に相続問題で悩んでいた友人は、家族がバラバラになるという話にまで発展しそうになり……。「そのように苦しんでいる人を助けられるのは、弁護士しかいない」と考えるようになりました。

弁護士が情報発信できることは、まだある

私は学生の頃から、しっかりと下準備をしてから物事に取り組むことが多かったです。それは弁護士になってからも活きていると思っています。弁護士は、ご依頼者様の利益を最大にし、問題を適切に解決するために、問題点を的確に把握することが大切だからです。

実際に、ご依頼者様の問題解決に関われるこの仕事は、とてもやりがいがあります。けれども、「こういう問題が起きたら、弁護士に相談すればいいんだ」ということを知らない方は、まだまだ多いと感じています。

そのためには、「自分だけで解決しようとしなくていいんだ」と知っていただくきっかけとして、例えば定期的に相談会を開催したり、情報発信をしたりなど、弁護士にできることはまだまだあると思っています。私はそのような活動を通して、もっと気軽に相談していただける存在になっていきたいです。

プロフィール

弁護士 青塚 貴広

出身地
千葉県
出身大学
日本大学法学部
中央大学法科大学院
資格
弁護士
会派
向陽会
参加団体
青年法律家協会
趣味・特技
相撲観戦
洋服を早くきれいに畳むこと
好きな言葉
「やるか、やらないかだ。試しなどいらない。」
「音を出さなきゃ音楽は始まらない」

弁護士一覧へ戻る

弁護士法人・響への法律相談、
メディア出演依頼・取材に関するお問い合わせはこちら

0120-205-376

Webからのご相談