2022.11.17 更新

交通事故の示談金の記事一覧

交通事故の休業損害の計算方法は?自営業や主婦でも請求する方法とは

交通事故でケガをして仕事を休むと補償が受けられるのですか? 交通事故の影響で仕事を休まざるをえなくなったときには、休業損害として請求が行えます。計算の仕方があるの...

交通事故慰謝料の弁護士基準(裁判基準)とは?他の基準と表で比較

「交通事故の慰謝料の弁護士基準ってなに?」 「交通事故の慰謝料は納得できる金額で請求したい」 交通事故で被害を受けると、相手に対して慰謝料(損害賠償金の一部)を請求できます。 慰謝料の金...

交通事故の通院費はいくらもらえる?補償の範囲と請求の注意点とは

交通事故の被害に遭ってしまったら、まずはしっかり通院して治療をしましょう。 しかし治療のためにかかった通院費は、誰が負担すべきなのでしょうか。 交通事故の治療に伴って発生した通院費は、基本的に相手...

交通事故の示談金とは慰謝料と違う?示談金の相場と増額する方法

交通事故の被害に遭いケガを負ってしまったら、まずはしっかり治療を行ったうえで、事故の相手方と示談金(損害賠償)の「示談交渉」を行います。 しかし相手方の保険会社から提示された示談金(損害賠償金)...

逸失利益とは?交通事故で損害賠償をもらえる条件と計算のしかた

交通事故に遭って「後遺症」が残ってしまうと、今後の生活に不安を抱いてしまうのも無理はありません。 後遺症のために働けなくなったり収入が減ってしまうなど、本来得られたはずの収入が失われた場合は「逸失利益...

交通事故の休業補償は有給も対象になる?計算方法と条件を紹介

交通事故の被害に遭った場合、ケガの影響によって仕事を休まざるをえない状況になるかもしれません。 会社員やパート・アルバイトなどの給与所得者であれば、労災保険の「休業補償」という仕組みによって給付...

交通事故のケガで健康保険は使える?利用しないデメリットと注意点

交通事故でケガを負ってしまった場合、速やかに病院で治療を受けることが大切です。 しかし入通院が長引けば治療費の負担も大きくなるため、健康保険を使えるのか気になることもあるでしょう。 交通事...

仮渡金とは?交通事故の慰謝料を早く受け取る方法を紹介

交通事故の被害に遭ってしまい病院で治療を受ける際には、治療費を自分で一時的に立て替えることになります。 治療費や慰謝料などの示談金(損害賠償金)は相手へ請求できますが、受け取るタイミングは、ケガ...

お悩み別ページ

カテゴリ一から探す