2社以上の借金は危険?注意が必要な3つの理由と返済方法を解説!

更新日アイコン

既に2社以上から借金があり、返済できるか不安
借金返済のために別の会社からも借金してしまっているけど大丈夫?

借金が2社以上あるという人は、借金で借金を返す状況から抜け出せず、返済が長期化している可能性があります。
返済が長期化すると、いつまでも返済できない借金地獄に陥るリスクが高まり、とても危険です。

こちらの記事では、

  • 2社以上の借金が危険な理由
  • 2社以上の借金をしているときの対処法
  • 借金の悩みは債務整理が有効

などについて解説します。

弁護士法人・響に相談するメリット
  • 月々の返済額を5万→2万へ減額できた事例あり
  • 今お金がなくても依頼可能!
  • 相談は何度でも無料
  • 最短即日!返済ストップ

目次


弁護士に相談するのは迷う…という方は、まずは「借金減額診断」を使って借金を減額できるか診断してみましょう。

たった3問の質問に答えるだけですし、診断は無料でできます。

借金、減らせる?
30秒で借金減額診断する

2社以上の借金は危険な自転車操業の予兆

今借り入れしている金融会社の返済が厳しくなると、他の会社からお金を借りて返済に充てる、というやり方をする人が多くいます。
2社以上から借金をすることを一般的に多重債務と言い、借金地獄に陥る危険性が高い典型例とされています。

2社以上からの借金が危険な理由

2社以上からの借金が危険なのは、次の3つの理由があるからです。

1.借金の管理が難しくなる

複数の借金を抱える多重債務に陥ると、その分毎月の支払日が増えることになります。
また支払額自体も分散され、借金の総額がわかりづらくなってしまいます。 借金の総額がわからないと、つい返済のことを楽観的に考え、新たな借金をしてしまいかねません。

2.利息の負担が大きくなる

借金を借金で返すということは、一見するとプラスマイナスゼロになっているようですが、実際は新たに借金をしている分、利息が上乗せされて借金総額が増えています。

しかも、一般的に借入額が小さいほど金利は大きくなるので、少額を複数の会社から借りることで利息の負担が増していきます。

3.返済が長期化する

多重債務は、新たな借金で返済をしているので、完済期日を先延ばしているにすぎません
しかも利息が上乗せされて負担が大きくなっている分、返済はさらに長期化する可能性が高まります

返済の長期化は、自転車操業から抜け出せなくなっている可能性が高くなっていると言えます。

返済の長期化は自転車操業の可能性

自転車操業とは、赤字経営が続く会社が、買掛金の支払いのために借金をし続けているような状況のことで、借金を借金で返済する個人にも使われる表現です。
なぜ「自転車操業」かというと、走り続けなければ倒れてしまう自転車の特徴が、借金し続けなければ破綻してしまう状況に似ているからです。

返済が長期化するということは、新たな借金で元金が減っていない可能性があります
自転車操業では完済日が遠のく一方ですので、早めに対処することをおすすめします。

2社以上の借金があるときの対処法

2社以上の借金がある人は、このままでは完済できなくなってしまう可能性があるので、次のような方法で早めに対処する必要があります。

おまとめローンで借金を一本化する

2社以上の借金を、借り換えによって一本化する「おまとめローン」というサービスがあります。

例えばA社から70万円、B社から30万円の借金がある場合、C社から100万円を借りてA社とB社を完済し、C社だけに100万円の返済をしていくというやり方です。

おまとめローンのメリット

おまとめローンには次のようなメリットがあります。

メリット
  • 利息が安くなる可能性がある
  • 月々の返済額を減らせる
  • 支払日を一つにできる

おまとめローンのデメリット

おまとめローンには次のようなデメリットがあります。

デメリット
  • 借金の総額が増える場合がある
  • 再び多重債務になる可能性がある
  • 審査が厳しい
  • 総量規制の対象外なので借りすぎのリスクがある

最後の項目にあげた総量規制とは、お金の借りすぎを防ぐため、年収の3分の1までしか借入ができないようにする貸金業法上のルールです。
おまとめローンは総量規制の対象外なので、金融業者や審査等の諸状況によって3分の1以上の借入が可能な場合もあります。

金融業者によっては追加の借入ができるので、借金が増えてしまうというリスクが伴うのです

おまとめローンと借り換えの違い

借り換えとは、現在借金をしている金融会社を完済するために、金利の低い金融会社からお金を借りて、実質的に利息を安くする方法です。
おまとめローンとは、2社以上の金融会社を一本に借り換えすることを言います。

おまとめローンが向いている人

おまとめローンには次のような人が向いています。

  • 2社以上から借金をしている人
  • 月々の返済額を低く抑えたい人
  • 安定した収入が見込める人

月々の返済額を抑えられるとは言え、おまとめローンは大きな金額の借入になります。
一定期間安定した収入が見込める人でなければ返済は難しい、ということは念頭に置いておきましょう。

おまとめローンは、2社以上から借り入れしている人には一定程度の負担軽減にはなりますが、借金の根本解決にはなっていません
おまとめローンで解決が見込めない場合、他の解決方法を考える必要があります。

2社以上の借金を根本から解決するには

おまとめローンはいくらかの負担軽減にはなりますが、軽減できる程度は限られています。
根本的な解決には債務整理をおすすめします。

債務整理は借金を減額・免除できる有効策

借金の悩みを解決する手段として債務整理という方法があります。
債務整理は、利息や遅延損害金を減額したり、返済期間を見直したりする制度です。

債務整理には以下の通り4つの方法があり、免除となる幅や、手続きの負担などによって取るべき選択は変わります。

  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産

4つの債務整理のうち最も手続きが簡単でデメリットの小さい方法が任意整理です。
そのため、多くの人がまずは任意整理を検討しています。

任意整理のメリット

任意整理の主なメリットは次のようなものがあります。

メリット
  • 借金の総額を減額できる
  • 月々の返済額を減らせる
  • 返済日を1日にまとめられる
  • 整理したい借金を選べる

任意整理を行うと、多くの場合、利息と遅延損害金が免除され、元金の返済のみになり、返済総額を減らすことができます。
3~5年の期間で返済計画を立てるため、月々の返済額も低く抑えられますし、複数あった返済日を1日にまとめることも可能です。

2社以上の借金がある場合でも、整理したい借金を自由に選べるので、車のローンなど債務整理したくないローンはそのまま返済し続けることができます。

任意整理のデメリット

任意整理を行うとブラックリスト入りするというデメリットもあります。
ブラックリスト入りとは信用情報機関に事故情報が登録されることで、クレジットカードやローンが活用できなくなります。

しかし、5年ほど経つと事故情報は消され、クレジットカードもローンも利用できるようになります。
いつまでも自転車操業から抜け出せずにいるよりも、はるかに有効な打開策といえるのです

なお、任意整理は裁判所のような公的機関を介さずに、直接金融会社と交渉します。
一般の人が個人で金融業者と交渉しても、有利な条件を引き出すのは難しいので、債務整理の知識・経験が豊富な専門家に依頼することをおすすめします。

借金返済から抜け出すには早めの対処こそ重要

借金が2社以上ある多重債務に陥っている場合は、早めの対処が必要です。 専門家に依頼すると、手間がかからず手続きがスムーズになります。

専門家に依頼すると、次のようなメリットが得られます。

メリット
  • 金融会社からの督促をストップできる
  • 手続き中は支払いをしなくてもいい
  • 過払い金の計算をしてもらえる

専門家に依頼することで、早期解決ができるだけではなく、すでに滞納している場合は金融会社からの督促を止めることも可能です。
手続き中は借金の返済をしなくていいので、この期間に専門家の依頼費用を用意することができます。

もし過払い金が発生していれば、引き直し計算をした上で、借金の減額や過払い金の返還の可能性もあります

何をどこから始めるべきかわからない人も、まずは専門家に相談してみましょう。
債務整理を専門とする多くの事務所で、無料相談を受け付けています。

まとめ

まとめ
  • 借金が2社以上ある人は、借金を借金で返す自転車操業で完済が難しくなっている可能性があります。
    自転車操業は長期化するほど抜け出すのが難しくなるので、早めに対処する必要があります

  • 返済の負担を軽減する方法としておまとめローンが有効ですが、借金の根本解決にはなりません

  • 借金の解決としては債務整理が一般的です。
    最も手間がかからずデメリットが少ない任意整理を検討してみてください。

  • 任意整理は、専門家に依頼すると比較的簡単に早く手続きができます。
    まずは無料相談も受け付けている専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

※本メディアは弁護士法人・響が運営しています
※本記事の内容は2022年8月17日時点の情報です。

弁護士法人・響に相談するメリット
  • 月々の返済額を5万→2万へ減額できた事例あり
  • 今お金がなくても依頼可能!
  • 相談は何度でも無料
  • 最短即日!返済ストップ
監修者情報
澁谷 望
監修者:弁護士法人・響 弁護士
澁谷 望
弁護士会所属
第二東京弁護士会 第54634号
出身地
熊本県
出身大学
大学院:関西大学法学部 同志社大学法科大学院
保有資格
弁護士・行政書士
コメント
理想の弁護士像は、「弱い人、困った人の味方」と思ってもらえるような弁護士です。 そのためには、ご依頼者様と同じ目線に立たなければならないと思います。そのために日々謙虚に、精進していきたいと考えています。
[実績]
43万件の問合せ・相談実績あり
[弁護士数]
34人(2022年6月時点)
[設立]
2014年(平成26年)4月1日
関連記事