1. ホーム
  2. 自己破産
  3. 自己破産の前後に遺産相続があったら?
2020.02.06
3,323 views

自己破産の前後に遺産相続があったら?

自己破産の前後に遺産相続がありそうな場合、そのタイミングによっては遺産のほとんどを破産手続きの中で債権者への配当に充てられてしまう可能性があるため注意が必要です。

自己破産の前後に遺産相続があったら?

とはいえ、いつ相続が開始するのか(亡くなってしまうのか)といったことは、正確に予想できることではないため、自己破産の手続きは早いに越したことはありません。手続きへの着手が早ければ早いほど、遺産相続への影響は少なくなります。

自己破産申立前の遺産相続の場合

裁判所への自己破産申立前に遺産相続があった場合は、相続した遺産によって自己破産を回避し、任意整理や個人再生で解決できないかを検討することが重要です。

不動産などを相続した場合は、それを売却することによって、返済に充てるお金の確保をすることが可能となる場合もあります。現金を相続したのであれば、それをそのまま返済に充てるといったことも可能となります。

また、相続した遺産がそこまで高額でなかった場合、専門家や申立の費用に充てることによって、手元に残る額が20万円以下になるように調整できれば、破産管財人(詳しくは「同時廃止事件、管財事件ってなに?」)が就くこともなく、相続した遺産を所持したまま自己破産申立へと臨むことも可能となっています。

破産開始決定前の遺産相続の場合

自己破産の手続きは、裁判所への申立後の審査によって破産開始決定が出ます。その後、免責審査を経て、最終的に免責決定が出ることによって無事に終結する手続きです。

すでに裁判所に自己破産の申立をしていて、まだ破産開始決定が出る前に遺産相続があった場合、もっともタイミングの悪い相続となってしまいます。破産開始決定前に得た財産は、それが遺産相続であっても、破産手続きの中に組み込まれてしまいます。

これによって、同時廃止事件で申し立てていたとしても、まず間違いなく管財事件として処理されることになり、相続した遺産は管財人の管理下に置かれることになってしまいます。

破産開始決定後の遺産相続の場合

破産開始決定後に新たに得た財産というのは、破産手続きの中で処理されることはありません。こちらはもちろん相続によって得た遺産であっても同様の取り扱いがされます。

積み重なった借金は、手続きがそのままスムーズに進めば免責決定によって支払い義務がなくなりますし、相続した遺産はすべて手元に置いておくことができるため、もっとも良い状態で新たな生活をスタートさせることができるといえます。

つまり、相続が開始する前にすべての自己破産手続きを終えてしまうのが一番理想的です。もし、遺産を相続する可能性があるような場合は、専門家に相談するなどして、迅速な自己破産の処理を図るように心がけましょう。

関連する人気の記事

  • 20代の自己破産。その後の生活への影響は?
    20代の自己破産。その後の生活への影響は?
    ■相談に対する回答 相談者様の現在の状況を見る限り、返済継続は難しそうです。 となると、やはり選択肢は自己破産になります。相談者様は自己破産に対して漠然と不安を抱えているようですが、これは…
  • 任意整理は自分一人でもできる?
    任意整理は自分一人でもできる?
    専門家に任意整理を依頼するとなれば、それなりの費用(詳しくは「報酬相場」)を負担しなければなりません。しかし、自ら任意整理をすることができれば、費用がかかるようなことはありません。 もしそ…
  • 携帯電話の名義貸しで友人の借金を請求された
    携帯電話の名義貸しで友人の借金を請求された
    ■相談に対する回答 結論から言えば、名義人が自身である限り請求を逃れることはできません。 たとえ名義貸しであっても、請求している債権者からすれば単に名義人に請求しているにすぎず、他人に名義…