1. ホーム
  2. 債務整理全般
  3. リボ払いの手数料はいくら?手数料が発生しない&安くする方法を紹介
2020.09.10
115 views

リボ払いの手数料はいくら?手数料が発生しない&安くする方法を紹介

クレジットカードのリボ払いの手数料って、いくらなの?
リボ払いの手数料を安くしたり、支払わない方法があれば知りたい

クレジットカードのリボ払いでは、毎月の返済額に「手数料」(「金利手数料」と呼ばれることもあります)が含まれます。

この手数料の額があなどれないもので、積もり積もると支払総額が大きくふくれ上がるケースもあるのです。

例えば、リボ払いの利用残高が30万円で毎月5,000円ずつ返済すると、手数料の総額が約26万円、支払総額は約56万円にもなってしまいます。

この記事では、リボ払いの手数料の仕組みや計算方法を解説するとともに、リボ払いの手数料が発生しない方法や手数料を安くできる方法を紹介します。

【弁護士に依頼すると何が良いの?】

  • 借金解決方法を個別に提案してもらえる
  • 面倒な手続きを一任できる!
  • 相談依頼実績12万件以上!

リボ払いの「手数料」の仕組みを知っておこう

クレジットカードのリボ払いの利用を検討する前に、リボ払いにかかる「手数料」について理解しておく必要があります。

そもそも手数料って何でしょうか?リボ払いの手数料の仕組みについて解説します。

リボ払いの手数料は、毎月の返済額に含まれている

クレジットカードでリボ払いを利用した場合には、利用残高に応じて手数料を支払わなければなりません。月々の返済は元金+手数料となります。

リボ払いの手数料は、実質年率15.0%が一般的

下の表を見てのとおり、一般的にリボ払いの手数料は実質年率15.0%で設定しているクレジットカードが多いです。

〈主なクレジットカードのリボ払いの手数料〉
カードの種類 手数料(実質年率)
楽天カード 15.00%
イオンカード 15.00%
三井住友VISAカード 15.00%
セゾンカード 15.00%

※カードの種類により手数料の実質年率は異なる場合があります。

実質年率とは、クレジットカードを1年間利用したときに手数料が何%かかるかを表した数値(金利)です。

実際の手数料の額は「日割(1日あたり)」または「月割(1ヶ月あたり)」で計算します。

リボ払いの手数料はいくらになる?手数料の計算方法

では実際のところ、リボ払いの手数料はどのように計算するのでしょうか?
手数料の金額はいくらになるのか、具体例を挙げながら解説しましょう。

リボ払いは、返済当初は手数料の割合が高い

リボ払いの手数料の計算式は以下のとおりです。

リボ払いの手数料額の計算式
手数料=利用残高×実質年率÷365(日)×利用日数

返済が進むと、元金(リボ払いの利用残高)が減るとともに、手数料額も減っていきます。

毎月の手数料額を計算する場合「利用日数」には、返済日の翌日から次回の返済日までの日数を当てはめるのが一般的です。

例えば、リボ払いの利用残高が50万円で、毎月の返済額を1万円と設定した場合の内訳は、手数料が6,164円、元金が3,836円となります(下図参照)。
※元利定額方式、手数料:実質年率15.0%の場合

返済1回目の返済額については、1ヶ月のうち支払える元金は手数料よりも少ないのです。

リボ払い利用残高50万円の手数料の計算例
手数料は1ヶ月にこれだけかかる!
   ↓
50万円×15.0%÷365日×30日=6,164円

————————————————————

1ヶ月の返済で元金はこれだけしか減らない!
毎月の返済額が1万円(返済1回目)の場合
   ↓
10,000円-6,164円=3,836円

※元利定額方式、実質年率15.0%、1年は365日として計算。

リボ払いの返済では、返済当初は返済額における手数料の割合が高いのですが、返済が進むにつれて徐々に元金の割合が多くなっていきます。

リボ払い残高30万円を毎月5,000円ずつ返済すると、手数料総額は約26万円

もしリボ払いの利用残高が30万円の場合、毎月5,000円ずつ返済すると手数料の総額はいくらかかると思いますか?

答えは約26万円です。リボ払いの支払総額は約56万円もかかるのです。
※元利定額方式、手数料実質年率15.0%の場合

〈リボ払い利用残高30万円の場合の返済回数・返済総額・手数料額〉
毎月の返済額 返済回数(期間) 返済総額 うち手数料額
5,000円 112回(9年4ヶ月) 557,868円 257,868円
1万円 38回(3年2ヶ月) 378,331円 78,331円
2万円 17回(1年5ヶ月) 334,311円 34,311円

※元利定額方式、手数料実質年率15.0%の場合

上の表を見てのとおり、毎月の返済額が2万円の場合と5,000円の場合とを比べると、

  • 返済回数(期間)の差:112回-17回=95回(7年11ヶ月)
  • 手数料総額の差:257,868 円-34,311円=223,557円

も違います。

毎月の返済額が少ないほど、返済回数(期間)が増え、返済総額、手数料総額ともに増えてしまうのです。

リボ払いと分割払いの手数料を比較してみた

リボ払いとは、クレジットカードの利用金額にかかわらず、あらかじめ設定した一定の金額を毎月支払う方法です。

リボ払いは「毎月の返済額」が決まっています。

それに対し、分割払いとは、カードを利用するごとに利用金額の支払回数を決めて分割で支払う方法です。

分割払いは「返済回数」が決まっています。

では、リボ払いと分割払いとでは手数料にどれほど差が出るのでしょうか?下の表で比較してみました。

〈主なクレジットカードの手数料をリボ払いと分割払いで比較〉
リボ払い(実質年率) 分割払い(実質年率)
楽天カード 15.00% 12.25~15.00%
イオンカード 15.00% 10.05~12.42%
三井住友VISAカード 15.00% 12.00~14.75%
セゾンカード 15.00% 10.30~12.70%※1

※1:ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメリカン・エクスプレス(R)・カードの場合
※分割払いは店舗によっては利用できない場合もあります。

上の表のとおり、リボ払いの手数料は実質年率15.00%であるケースが一般的ですが、分割払いの手数料の実質年率はクレジットカードによってさまざまです。

例えば、イオンカードで10万円の買い物をしたとき、リボ払いと分割払いの支払総額を比較してみました。

●リボ払いで月々1万円+手数料を支払う場合
 →支払総額:106,570円
※実質年率15.00%・支払回数10回

●分割払い(10回払い)で支払う場合
 →支払総額:105,600円
※実質金利12.04%

上記の結果を見れば、リボ払いの支払総額のほうが分割払いより970円多くなります。

一見、分割払いの手数料のほうがリボ払いの手数料よりも低いように思えるかもしれませんが、分割払いの返済回数が少なければ、月々の返済額はリボ払いよりも高くなることもあります

リボ払いを選ぶのか、分割払いを選ぶのかは、手数料だけでなく毎月の返済額や返済回数、支払総額など、トータルで比較して判断することが大切です。

リボ払いの手数料が発生しない!2つの方法

リボ払いの手数料は、かからないに越したことはありません。
実は、リボ払いの手数料が発生しない方法もあるのです。

その2つの方法について解説していきます。

1.「1回払い」「2回払い」「ボーナス払い」を選ぶ

思い切ってリボ払い以外の支払方法にするというやり方もあります。

クレジットカードの買い物で「1回払い」「2回払い」「ボーナス払い」を選択すれば、手数料はかかりません

ただし、リボ払いに設定している状態で買い物をした分を「1回払い」「2回払い」「ボーナス払い」に変更することはできません。

したがって、リボ払いの利用方法を「事前登録型」(すべての買い物をリボ払いにする)ではなく「利用時選択型」(カード利用時に都度支払い方法を選択する)にしておき、店頭でその都度支払い方法を指定するようにしましょう。

家計において支払える余裕があれば、リボ払いではなく「1回払い」「2回払い」「ボーナス払い」を選ぶとよいでしょう。

2.毎月の返済額の設定を、利用限度額いっぱいまで引き上げる

リボ払いの使い方を変えてみるのもひとつの手です。毎月の返済額の設定を利用限度額いっぱいまで引き上げるという方法です。

もしそれがむずかしければ、利用残高の全額までに引き上げてもいいでしょう

例えば、設定金額を30万円に引き上げて、29万円を利用した場合、支払いは1回で済みます。

1回だけの支払いなら手数料は無料です。以降、手数料は発生しません。

ただし「リボ払いの初回引き落とし手数料のみ無料」、あるいは「カード利用日から最初に到来する締切日までの期間は手数料計算の対象外」などの場合に限ります。

1回目の返済から手数料がかかる場合もあるので注意してください。

リボ払いの手数料を安くする!3つの方法

上記の方法が利用できない場合でも、リボ払いの手数料を安くできる方法もあります。
これからその3つの方法を詳しく解説していきますね。

手数料を安くするポイントは「早期」「前倒し」で返済していくことです。

1.「繰り上げ返済」で利用残高の一部を減らす

「繰り上げ返済」とは、毎月の返済とは別に、利用残高の一部を返済する方法です。

繰り上げ返済のメリット
  • 決められた毎月の返済額よりも多い金額を、引き落とし日よりも前に支払うことで、利用残高の一部を減らすことができる
  • 繰り上げ返済をすることで元金(利用残高)が減るので、支払う手数料が少なくなる

返済の長期化を避け、できるだけ少ない返済額で完済したいのであれば、定期的に資金を貯めて、繰り上げ返済を行うことも検討してみましょう。

2.「一括返済」でリボ払いを完済する

「一括返済」とは、クレジットカードの利用残高を全額、一度に返す方法です。

一括返済のメリット
  • 一括返済をすると元金がなくなるので、それ以降手数料は支払わなくて済む
  • 元金がなくなることによって手数料が減るので、支払総額を少なくすることができる

利用残高の全額が支払えるまとまった資金が手元にできた場合は、一括返済を検討してみるとよいでしょう。

3.通常のクレジットカードより手数料が安い「リボ払い専用カード」を利用する

通常のクレジットカードでリボ払いを選択したとき、手数料は実質年率15.0%前後ですが、「リボ払い専用カード」を選択すれば、手数料の実質年率が低い場合があります

また手数料が安くなるだけでなく、ポイントやプレゼントがもらえるなどの優遇・特典が受けられることもあります。

例1.イオンカードの場合

●通常のイオンカードを利用した場合
 →手数料の実質年率は15.0%

●イオンスマートペイカード(リボ専用カード)を利用した場合
 →リボ払いの手数料を年間1.0%、最大3.0%(実質年率12.0%)まで優遇してくれる

例2.三井住友カードの場合

●通常の三井住友カードを利用した場合
 →手数料の実質年率は15.0%

●三井住友カード「RevoStyle(リボスタイル)」(リボ専用カード)を利用した場合
 →手数料の実質年率は9.8%

リボ払いを頻繁に使うことが想定されるなら、このようなカードの利用を検討するのもよいでしょう。

【まとめ】リボ払いの手数料が発生しない方法や、安くできる方法があるので確認を

リボ払いを利用する前に、リボ払いの手数料の仕組みを理解して、具体的にいくらかかるのかあらかじめ計算しておくとよいでしょう。

リボ払いにかかる手数料は、1回分の返済だとさほど大きな額ではないものの、完済までの手数料の総額は無視できない金額になります。

手数料の返済負担を軽減するためにも、以下の方法を検討して、クレジットカードのリボ払いを賢く活用しましょう。

  • 1回払い」「2回払い」「ボーナス払い」など、リボ払い以外の支払方法にする
  • 返済額の設定を引き上げて、リボ払いの手数料が発生しないようにする
  • 繰り上げ返済」や「一括返済」を活用する
  • 手数料の低い「リボ専用カード」を利用する

【弁護士に依頼すると何が良いの?】

  • 借金解決方法を個別に提案してもらえる
  • 面倒な手続きを一任できる!
  • 相談依頼実績12万件以上!

関連する人気の記事