借金返済シミュレーションは怪しい?利用のデメリットと借金返済方法

更新日アイコン

借金返済シミュレーターとは、「月々の返済金額」または「返済期間」を導き出せるシミュレーションツールです。

毎月どのくらい返済すればいいのか、また完済までの期間を把握しておくことで返済計画を立てやすくなります

個人情報の登録も必要なく、利用するデメリットはありません。

月々の返済額試算
返済期間試算
借入金額
 万円
借入金利(年率)
 %
返済月数
 ヶ月
シミュレーション結果
月々の返済金額
返済総額
利息総額
入力された条件
借入金額 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
借入金利(年率) ・・・・・・・・・・・・・・
返済月数 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • ※本シミュレーションにより試算されるご返済額等はあくまでも目安であり、実際にご利用いただく際は、お借入日、金額、ご返済期間、金利等の条件により、本試算結果とは異なりますので、あらかじめご了承ください。
  • ※本シミュレーションでは元利均等返済方式を採用しております。
もう一度診断する
借入金額
 万円
借入金利(年率)
 %
月々の返済希望金額
 円
シミュレーション結果
返済期間
返済総額
利息総額
入力された条件
借入金額 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
借入金利(年率) ・・・・・・・・・・・・・・
月々の返済希望金額 ・・・・・・・・・・・・・
  • ※本シミュレーションにより試算されるご返済額等はあくまでも目安であり、実際にご利用いただく際は、お借入日、金額、ご返済期間、金利等の条件により、本試算結果とは異なりますので、あらかじめご了承ください。
  • ※本シミュレーションでは元利均等返済方式を採用しております。
もう一度診断する

借金返済シミュレーションの結果、月々の返済金額や完済までの期間に無理がある場合は、一度弁護士への無料相談を検討しましょう

借金を早く完済するための方法などをアドバイスをしてくれます。

この記事では、借金返済シミュレーターの紹介に加え、返済シミュレーターの仕組みや返済できない場合の対処法について解説します。

弁護士法人・響に相談するメリット
  • 月々の返済額を5万→2万へ減額できた事例あり
  • 今お金がなくても依頼可能!
  • 相談は何度でも無料
  • 最短即日!返済ストップ

目次

借金返済シミュレーションとは?アプリやエクセルを使わず返済計画が立てられる

借金返済シミュレーターとは、「月々の返済金額」または「返済期間」を導き出せるシミュレーションツールです

借金返済シミュレーションで何ができるのかすぐ知りたいという方はこちらの動画をご覧ください。


動画内で紹介している「債務整理」で自分の借金をいくら減らせるか知りたい方は、借金減額診断でいくら減額できるのか診断してみましょう。診断は無料です。

債務整理で借金減らせる?
30秒で借金減額診断する

借金返済シミュレーターの具体的な使い方も解説していきましょう。

借金返済シミュレーターに所定の項目を入力することで「月々の返済金額」または「返済期間」を導き出せるようになっていて、返済シミュレーション結果がすぐ出てきます。

それぞれの返済シミュレーションに必要な情報は以下のとおりです。

入力情報

【月々の返済額試算】
・借入金額、借入金利(年率)、返済月数

【返済期間試算】
・借入金額、借入金利(年率)、月々の返済希望金額

なお、いずれの返済シミュレーションでも、共通して「返済総額」「利息総額」が出力されます。

すでに借金がある場合は「借入金額」「借入金利(年率)」が確定しているので、「返済月数」または「月々の返済希望金額」の数字を変えてシミュレーションすることで、自分の経済状況に合う返済計画を立てられるでしょう。

借金返済シミュレーターは怪しい?実はデメリットはほとんどない

インターネット上には借金返済シミュレーターを怪しむ声が散見されるため、不安に感じる人もいるでしょう。

結論からいうと、借金返済シミュレーターを使うことでの大きなデメリットはありません

借金減額シミュレーターなど、シミュレーターの種類によっては、個人情報の入力を求められたり、入力した連絡先に後日メールや電話で連絡がくるといったデメリットがあります。

しかし、借金返済シミュレーターは基本的に、個人情報の入力は不要のため、上記のようなデメリットはありません。

強いて挙げるとすれば、「どのような計算方法でシミュレーションされているのかわかりにくい」という点でしょうか。

この点に関して、当サイトのシミュレーターの計算方法(計算式)を、以下で具体的に解説しています。

気になる方は、参考にされてください。

当メディアの借金返済シミュレーターの計算式

当サイトで提供している「借金返済シミュレーター」の計算方法について、解説していきましょう。

借金の返済シミュレーションは、以下の2つのパターンがあります。

  • 返済期間から月々の返済額を出す
  • 月々の返済額から返済期間を出す

それぞれ、算出方法が異なるため、以下で解説します。

返済期間から月々の返済額を算出する場合

「返済期間」から「月々の返済金額」を算出する場合に用いているのが、元利均等返済を行う場合の計算式です。元利均等返済とは、毎月一定額を返済する方法のこと。

以下のような式で、「月々の返済金額」「利息返済額」「元金返済額」を計算していきます。

返済期間から月々の返済額を算出する計算式

借金返済シミュレーションでは一瞬で結果が出てきますが、実は複雑な計算が行われているのです。

このような計算をすることで、「月々の返済金額」に加え、どの程度の利息が発生するのか、元金がどのくらい減っていくのかといったことがわかります。

月々の返済額から返済期間を算出する場合

「月々の返済金額」から「返済期間」を算出する場合は、まず「月々の元金返済額」を求める必要があります。

「月々の元金返済額」がゼロになったときが、完済のタイミングとなるからです。

そのために、「月々の返済金額」から「月々の利息支払額」を引いて、「月々の元金返済額」を求めていきます。

複雑ですが、以下のような計算式で導き出されます。

月々の返済額から返済期間を算出する計算式

キャッシング・住宅ローン・車ローン・奨学金などのローンで返済シミュレーション可能

借金返済シミュレーターでは、消費者金融からの借り入れに限らず、あらゆる借金について「返済金額」や「返済期間」をシミュレーションできます。

例えば、次のようなものが挙げられます。

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 奨学金
  • 教育ローン
  • クレジットカードのリボ払い
  • クレジットカードのキャッシング

家や自動車をローンで購入する前、奨学金を借りる前に総額でどのくらいかかるのか、返済期間はどの程度になるのかといったことも、返済シミュレーターで調べられます。

借金返済シミュレーションと借金減額シミュレーションは別物

インターネット上には、この記事で紹介している「借金返済シミュレーター」とは別に「借金減額シミュレーター」というツールも提供されています。

「借金減額シミュレーター」とは、過払い金返還請求や債務整理によって借金を減額できるか診断するサービスで、具体的には次のようなことがわかります。

  • 過払い金が発生しているか
  • 債務整理によって借金を減額できるか
  • どれくらい借金を減らせるか
借金減額シミュレーターでわかること

返済計画を立てるために現状を把握する「借金返済シミュレーター」とは違い、「借金減額シミュレーター」は借金返済に困った場合に減額する方法を探るものなので、利用するシーンが異なるといえます。

シミュレーターの利用シーンの違い
  • 借金返済シミュレーター:今後の借金返済計画を立てたい場合
  • 借金減額シミュレーター:今ある借金をどれくらい減額できるか知りたい場合

当サイトでも、借金減額シミュレーターを利用できます。

すでに借金が膨らんでいて、過払い金請求や債務整理によって、いくら借金を減額できるか知りたい方は、以下よりお試しください。

借金、いくら減らせる?
30秒で借金減額診断する

「借金減額シミュレーター」について、詳しくは以下の記事をご覧ください。
借金減額シミュレーターは怪しい?診断の仕組み・からくりと口コミ評判

借金返済シミュレーションの結果的に返済が難しいと感じたときの対処法

「借金返済シミュレーター」を試した結果、毎月の返済額が現状の収入に見合っていないなど、返済が難しいと感じた場合はどうしたらよいでしょうか。ここでは、その際の対処法を解説していきます。

返済が難しい場合の対処法
  • 借金の金利を下げる
  • 過払い金返還請求によって借金を減額する
  • 債務整理によって借金を減額する

借金の金利を下げる

借金返済が難しい場合は、「借金の金利を下げる」という対処法があります。

金利を下げる方法は2つあります。

  • 低金利のローンに借り換える
  • おまとめローンなどで借金を一本化する

以下、具体的に解説します。

低金利の銀行ローンなどに借り換える

現在の借金よりも金利が低い金融機関で新たにお金を借りて、現在の借金は一括返済するという方法です。

同じ金額の借金でも、金利が低くなると返済総額が少なくなり、返済期間も短くなります。

たとえば、100万円の借金をして、3年間(36ヶ月)で完済を目指すとしましょう。

金利(年)15%の場合、毎月の返済金額は34,665円ですが、金利(年)5%の場合、毎月の返済金額は29,971円となります。

このように、返済期間が同じでも金利によって毎月の返済負担が変わってくるため、より金利の低い金融機関への借り換えができるのであれば、選択肢のひとつになるでしょう。

ただし、金利が減るからといって毎月の支払額を下げすぎると、返済が長期化し、かえって利息が増えてしまうというリスクもありますので、慎重に検討しなければなりません。

おまとめローンなどで借金を一本化する

複数の金融機関から借り入れをしている場合は、借金をひとつの金融機関に一本化するいわゆる「おまとめローン」を利用することで、金利負担が軽くなることがあります。

たとえば、金利12%のA社、金利15%のB社、金利18%のC社の3社から借り入れている場合に、金利10%のD社の「おまとめローン」が使えると、すべての借金の金利10%に引き下げられます。

おまとめローン

ただし、「おまとめローン」を使って月々の返済額が減ることで、かえって返済が長期化し、利息が増えてしまうリスクもあります。

また、借金返済のために借金をするという行為にあたるため、抜本的な解決にならないことも少なくありません。

借金の一本化について詳しくは、以下の記事をご覧下さい。
借金一本化してまとめたい!おまとめローンのデメリットとできない条件

過払い金返還請求によって借金を減額する

長年、借金を返済し続けている人は、「過払い金」が発生している可能性があります。債権者に「過払い金」の返還を請求することで、現在の借金の減額や完済が可能になる場合があります

「過払い金」とは、本来払う必要がないにもかかわらず、支払いすぎていた利息のこと。

2010年6月17日以前は、利息制限法が定める上限利率(15~20%)を超える金利を設定している金融機関がありました。この上限利率を超えた部分の利息が「過払い金」です。

2010年6月18日に、改正貸金業法が施行されたことで、金融機関は利息制限法の上限利率を守ることが義務付けられ、過去の過払い金に関しても返還請求できる可能性が出てきました。

もし、過去の「過払い金」の返還請求ができれば、現在の借金の負担は軽減することになるでしょう。金額によっては、他の債権者に一括返済もできるかもしれません。

過払い金返還請求について詳しくは、以下の記事をご覧ください。
過払い金とは?仕組みと返還請求の対象や時効・デメリットまとめ

債務整理によって借金を減額する

「金利を下げる」「過払い金返還請求をする」といった方法を使っても返済が困難であれば、債務整理という手段を検討する必要があります。

債務整理とは、借金の減額や免除、返済期間の調整などの方法で、法的に借金問題を解決する手続きのこと。金利を下げるのではなく、借金そのものを減額、免除することを目的とします

債務整理は、次の3つに分けられます。借金の総額や現在の収入、財産状況などによって、選択すべき方法は変わってきます。

債務整理

ここでは、3つの手続きのなかで比較的デメリットが少なく、利用される割合の多い「任意整理」を例に、どれくらい借金を減額できるか説明しましょう。

200万円の借金があるとしましょう。これを、任意整理をせずに6年間返済を続けたら、支払総額は約304万円になります。

しかし、5年の分割払いで任意整理をすれば、将来利息の約104万円をカットできる可能性があり、和解後の支払いは元金200万円のみ。

月々の返済額は4万2,290円から3万3,333円に減り、約9,000円の減額となります。

実際に、自分がいくら借金を減額できるか知りたい方は、借金減額診断を利用してみるといいでしょう。

借金、いくら減らせる?
30秒で借金減額診断する

債務整理について詳しくは、以下の記事をご覧ください。
債務整理とは?4種類のメリット・デメリットや費用を弁護士が解説

借金の返済が難しい場合は弁護士への無料相談を検討しよう

返済が困難な借金の対処法として、過払い金返還請求や債務整理を紹介しました。これらの方法は個人でも行えますが、手続きが複雑なため、弁護士に相談・依頼することでスムーズに進めやすくなります。

過払い金返還請求を弁護士に依頼するメリット

まずは、過払い金の返還請求を弁護士に依頼した場合のメリットから見ていきましょう。

メリット
  • 複雑な引き直し計算を任せられる
  • 取引履歴をスムーズに取り寄せてもらえる
  • 返還額が高くなりやすい

複雑な引き直し計算を任せられる

過払い金の返還請求を行う際には、過去の金融機関との取引履歴をもとに、利息制限法の上限利率での返済額を再計算しなければなりません。

返済の遅延や滞納の有無、金融機関との取引回数などによって、過払い金の額は変わるため、計算が複雑になることが多いのです。そのため、弁護士に任せた方がスムーズですし、計算を間違える心配もなくなるでしょう。

取引履歴をスムーズに取り寄せてもらえる

正確な過払い金の額を計算するためには、過去の取引履歴をすべて洗い出す必要があります。

その際に、債権者(金融機関などのお金を貸した側)から取引履歴を取り寄せるという手続きが発生するのですが、個人だと手続きに手間取ったり、債権者の対応が遅くなったりする場合があります。

手続きに慣れている弁護士に依頼した方がスムーズでしょう。

返還額が高くなりやすい

過払い金の返還請求では、債権者との交渉が必要になるケースもあります。

このときに、請求手続きに慣れていない個人が交渉するよりも、専門家である弁護士が交渉した方が、高い金額での和解を期待できるでしょう。

債務整理を弁護士に依頼するメリット

続いては、債務整理を弁護士に依頼した場合のメリットを見ていきましょう。

メリット
  • 最適な債務整理の方法を選択できる
  • 債権者からの取り立てを止めることができる
  • 面倒な交渉や手続きを代理してもらえる

最適な債務整理の方法を選択できる

3つの債務整理(任意整理、個人再生、自己破産)はそれぞれ特徴が異なり、借金の総額や現在の収入、財産状況などによって選ぶべき手段が変わりますが、個人で判断するのは難しいものです。

借金に関する知識が豊富な弁護士に相談することで、現状に合う適切な方法を提案してくれるでしょう。

債権者からの督促状や取り立てを止めることができる

弁護士が債務者(お金を借りた側)から債務整理の依頼を受けると、債権者に対して「受任通知」を送付します。「受任通知」とは、債務者の代理として債務整理を行うことを知らせるものです。

貸金業法により、「受任通知」を受け取った債権者は督促や取り立てを停止しなければいけないと定められています。取り立てが止まることで精神的な余裕が生まれ、債務整理やその後の返済について冷静に考えやすくなるでしょう。

面倒な交渉や手続きを代理してもらえる

債務整理を行うと、債権者との交渉や裁判所への申立て、さまざまな手続書類の作成など、複雑な作業が出てきます。

個人でもできないわけではありませんが、交渉に失敗したり書類に不備があったりすると、借金の減額や免除が認められなくなる場合があります。

債務整理に慣れた弁護士に依頼することで、手間が省けるだけでなく、債務者にとって有利な条件で手続きを進められるでしょう。

弁護士法人・響では、借金減額に関する無料相談窓口を設けています。借金減額を検討される方は、お気軽にご相談ください。

弁護士法人・響のWeb相談予約をする

【まとめ】借金返済シミュレーションで立てた返済計画に無理がある場合は弁護士への無料相談を検討しよう

まとめ
  • 借金総額が大きくなってきたら、「借金返済シミュレーター」を利用して現状を把握し、返済計画を立ててみましょう。消費者金融の借金だけでなく、ローンや奨学金のような借金もシミュレーションできます。
  • 「借金返済シミュレーター」を利用した結果、返済が困難だと感じた場合は、次の対処法で借金の減額や免除を目指しましょう。
    ・金利を下げる
    ・過払い金返還請求によって借金を減額する
    ・債務整理によって借金を減額する
  • 過払い金返還請求や債務整理を行う場合、弁護士に相談・依頼することで、次のようなメリットが考えられます。
  • 過払い金返還請求におけるメリット
    ・複雑な引き直し計算を任せられる
    ・取引履歴をスムーズに取り寄せてもらえる
    ・返還額が高くなりやすい
  • 債務整理におけるメリット
    ・最適な債務整理の方法を選択できる
    ・債権者からの取り立てを止めることができる
    ・面倒な交渉や手続きを代理してもらえる
  • 「借金返済シミュレーター」を利用する際には、次のような注意点があります。いくつかのシミュレーターを使って、比較してみるといいかもしれません。
    ・計算結果が正確でないことも
    ・個人情報の入力を求められることも
    ・シミュレーション後、メールや電話で連絡が来ることも
  • 弁護士法人・響では、借金減額に関する無料相談窓口を設けています。借金減額を検討される方は、お気軽にご相談ください。
弁護士法人・響に相談するメリット
  • 月々の返済額を5万→2万へ減額できた事例あり
  • 今お金がなくても依頼可能!
  • 相談は何度でも無料
  • 最短即日!返済ストップ
監修者情報
澁谷 望
監修者:弁護士法人・響 弁護士
澁谷 望
弁護士会所属
第二東京弁護士会 第54634号
出身地
熊本県
出身大学
大学院:関西大学法学部 同志社大学法科大学院
保有資格
弁護士・行政書士
コメント
理想の弁護士像は、「弱い人、困った人の味方」と思ってもらえるような弁護士です。 そのためには、ご依頼者様と同じ目線に立たなければならないと思います。そのために日々謙虚に、精進していきたいと考えています。
[実績]
43万件の問合せ・相談実績あり
[弁護士数]
34人(2022年6月時点)
[設立]
2014年(平成26年)4月1日
関連記事