アイコン

アコムの借金を時効で逃げたい!条件とリスクを回避する方法

澁谷 望
監修者:弁護士法人・響 弁護士
澁谷 望
  • 所属弁護士会:第二東京弁護士会 第54634号
  • 出身地:熊本県
  • 出身大学・大学院:関西大学法学部 同志社大学法科大学院
  • 保有資格:弁護士・行政書士
  • コメント:理想の弁護士像は、「弱い人、困った人の味方」と思ってもらえるような弁護士です。 そのためには、ご依頼者様と同じ目線に立たなければならないと思います。そのために日々謙虚に、精進していきたいと考えています。
  • 弁護士法人・響HPの詳細プロフィール

アコムの借金を時効で逃げるにはどうしたらいいの?
借金を時効にするための注意点は?

アコムは時効が成立すると、返済する義務がなくなります。
しかし時効を成立させるためには、条件や注意点などがいくつかあります。

こちらの記事では、

  • 借金の時効が成立する条件
  • ハードルが高いアコムの時効
  • 時効以外で借金を解決する方法
  • などについて解説します。

    【弁護士法人・響に依頼するメリット】

    • 最短即日!返済ストップ
    • 相談実績12万件以上!
    • 明瞭なご説明で費用への不安をゼロに
    • 相談は何度でも無料

    アコムの時効が成立する3つの条件

    アコムなどの金融会社は、一定の条件を満たすと借金の請求ができなくなります。
    これを時効と言って、法律的に借金の返済義務がなくなることを意味します。 時効が成立するには、次の3つの条件をすべて満たす必要があります。

    1.最後の返済から5年以上が経過している

    借金の時効が成立するためには、アコムなどの金融会社へ最後の返済をした日の翌日から5年以上経過していることが必要です。

    気を付けなければならないのは、支払額の一部(たとえ1円でも)だけでも返済しているとカウントはリセットされ、またゼロからのスタートになる(更新)ことです。

    また、過去に裁判を起こされて判決が出ている場合、時効の期間は10年になることにも注意が必要です(民法第174条の2「判決等で確定した権利の消滅時効」)。

    2.時効の更新になる出来事が起こっていない

    最後の支払いから5年以内に、以下の2種類に該当する出来事が1つでも起こっていると時効は更新し、ゼロからカウントされることになります。

    本人による借金返済の承認
  • 一部弁済:どんなに少額でも返済すること
  • 支払猶予願い:借金があることを前提に支払日の延期をアコムに申し出ること

  • これ以外にも返済の承認に含まれる行為がありますが、明確な規定があるわけではなく、事例ごとに判断されます。

    アコムが裁判所を通して返済を請求
  • 訴状の送付:裁判に訴えられた時に送られてくる書面
  • 支払督促の送付:少額の支払い請求をする際に届く書面

  • 内容証明郵便による催告書は、それ自体では時効の更新にはなりませんが、6ヵ月間、時効の完成が猶予されることになります。その間に訴訟し、手続きが判決等により終了すれば時効が更新されることになります。
    時効の成立直前に催告書が届いている場合は、後から訴状か支払督促が届く可能性があるので注意が必要です

    3.時効の援用の手続きを取る

    時効が成立する期間を経過しても、援用の手続きを取らなければ借金の返済義務は残ったままです。

    時効の援用とは、時効が成立していることをアコムなどの金融会社に主張することです。
    時効の援用には決まった方法はありませんが、内容証明郵便などで証拠を残しておくのが一般的です。

    時効は3つの条件を満たせば成立し、借金返済の義務がなくなります。
    ただし、時効の成立期間が経過しているかどうかは、事実や法律に照らし合わせて厳密に精査をする必要があります
    個人で判断するのは難しいので、専門家に依頼することをおすすめします。

    アコムの借入で時効成立を狙うときの注意点

    借金の時効成立は簡単なことではありません。
    次のような注意点をおさえておきましょう。

    金融業者は簡単には時効成立をさせない

    アコムはお金を貸すだけではなく、回収するのも業務です。
    手をこまねいて時効を成立させるわけがなく、更新を考えた策は取ってきますので、借金の時効成立は非常に難しいといえます。

    例えば、本人が返済を一切しないという条件は、こちらの意思で満たすことができますが、アコムが裁判所に訴え出ることをこちらがコントロールすることは不可能です。

    時効を成立させないために想定されるアコムの対応

    アコムも時効の更新をさせるため、「少額でもいいのでお支払いいただけないでしょうか」と頼んできます。
    「それくらいの金額ならいいか」
    と返済したことで時効が更新されていた、ということは珍しくありません。

    こちらが知らないうちに裁判を起こされていて、時効成立に必要な期間が10年に伸びていることも考えられます。

    時効が更新されても遅延損害金は発生している

    時効が更新されると期間のカウントはリセットされますが、遅延損害金は時効とは関係なく発生しています。
    遅延損害金は支払いを滞納した翌日から発生し続けていて、請求金額に上乗せされていきます。

    アコムは借入の遅延損害金を金利20%の高利率で設定しています。
    時効に期待して滞納し続けることは、借金の総額を膨らませていくことでもあるということは覚えておきましょう。

    安易に連絡すると時効が更新される恐れもある

    時効が成立するかどうかは、法律の専門家でないと判断の難しいケースが多く、個人で簡単に判断できるものではありません。
    最後に返済をしたのが5年以上前だとしても、本人の意識していないところで借金返済を承認している可能性もあります。

    もし時効が成立していないのに時効の援用を主張すると、アコムから裁判所に訴えられて時効が更新されかねません。

    個人で安易に時効の援用を主張するのは危険なので、時効の援用に際しては、専門家に相談して慎重に動くようにしましょう。

    時効が成立してもデメリットがある

    ここまで説明してきたように、アコムの借金で時効を成立させるには厳しい条件を満たさなければなりません。
    しかも、時効の成立にはいくつかのデメリットが生じる可能性もあります。

    事故情報の登録は長期化の可能性もある

    時効を援用できたとしても、事故情報も一緒に消されるとは限りません。 金融会社や信用情報機関の中でも扱い方は分かれていて、情報を抹消するところと5年ほど残されるところがあります
    事故情報の回復を正確に把握するには、時効の援用後に自分で情報開示請求を出して調べる必要があるのです。

    なお、消滅時効が成立した場合に、事故情報が残存している場合は、当該信用情報機関に対し、削除および訂正の申し立てを行うことができます。

    事故情報が消されるまでの期間は、借金返済の義務がなくなってから起算されます。
    時効が更新された場合はブラックリスト入りしている状態がその後も続くことになり、登録期間がさらに長期化することを覚悟しておかなければなりません

    時効成立までの精神的負担は大きい

    いつアコムから時効を更新されるかわからない中で待つ5年間は、かなりの精神的負担が伴います。
    時効を狙っている間、遅延損害金の発生で借金が膨らんでいること自体、不安がないとは言えないでしょう。

    5年を間近にしたところで裁判に訴えられる可能性も十分あり得ます

    裁判に訴えられれば時効成立までにはさらに10年の年月が必要です。

    時効を積極的に狙う場合は不確定な要素も多く、精神的にも辛いものがありますので、あまりおすすめできません。

    時効成立以外に借金を解決できる債務整理という選択肢

    借金の解決には、時効の成立よりも債務整理が一般的です。

    債務整理とは、元金や利息を減額・免除したり月々の返済額を減らしたりする制度で、3つの方法があります。
    それぞれ減額の幅や手続きの負担などが異なり、どれを選択するかは本人の収入や生活環境などによります。

    自己破産

    自己破産は借金が全額免除される債務整理です。
    メリットが大きい分、手続きに手間がかかり、年収や借金の理由など、認められるための条件が厳しく設けられています。

    また、次のようなデメリットもあります。

  • 家や車などの財産が没収される
  • ギャンブルや浪費でできた借金は原則免除されない
  • 手続き中は一部就けなくなる職業がある
  • 自己破産は上記デメリットを考慮しても生活を立て直したいという人に向いています。

    個人再生

    個人整理は、最少100万円まで借金を減額し、3~5年で返済する債務整理です。 自己破産ほどではありませんが、手続きの負担や財産の整理などのデメリットがあります。
    条件次第では持ち家や車などを残すことも可能です。

    100万円未満の借金は減額がなく全額返済となるため、100万円以上の高額な借金の人に向いています。

    任意整理

    任意整理は、利息や遅延損害金が免除され、3~5年で返済する債務整理です。
    元金は全額返済する必要がありますが、利息などがなくなる分、かなりの負担軽減になります。

    3つの債務整理の中で最も手間がかからず、最も早く手続きが完了する方法です。
    周囲に借金がバレたくないという人に向いています。

    借金問題は、法律的に複雑な解釈や手続きも珍しくないので、個人の手には負えなくなってくるものです。
    滞納している場合はなおのこと、早めに専門家に相談することをおすすめします。

    債務整理を専門家に依頼するメリット

    アコムの債務整理を専門家に依頼すると、次のようなメリットが得られます。

  • 借金の督促をストップできる
  • 過払い金の引き直し計算をしてくれる
  • 早期解決して生活の立て直しができる
  • すでに滞納している人は、アコムからの督促を止めることができます。
    過払い金の発生が考えられる人は、時間をかけて時効を狙うよりもはるかに早く借金を解決できるかもしれません。

    何よりも、豊富な実績により借金の負担を大きく減らしてくれるので、一番ダメージの少ない選択肢をおさえながら、生活の立て直しを早々に始めることができるのです

    まとめ

    借金で時効を成立させるには、厳しい条件を満たさなければならず、金融会社のアコムが簡単に成立させてくれるとは到底考えられません

    時効の成立を期待していても、可能性が低いばかりか、ブラックリスト入りが長期化するなどのデメリットもあります。

    借金の悩み解決には、債務整理という現実的な方法があります。

    専門家に債務整理を依頼することで得られるメリットもあります。
    債務整理の専門家は無料相談も受け付けていますので、まずは気軽な気持ちでアコムの借金で悩んでいることを相談してみてはいかがでしょうか。

    【弁護士法人・響に依頼するメリット】

    • 最短即日!返済ストップ
    • 相談実績12万件以上!
    • 明瞭なご説明で費用への不安をゼロに
    • 相談は何度でも無料
    関連記事