アイコン

アメックスの返済は債務整理できる!解決までの早道と注意点

澁谷 望
監修者:弁護士法人・響 弁護士
澁谷 望
  • 所属弁護士会:第二東京弁護士会 第54634号
  • 出身地:熊本県
  • 出身大学・大学院:関西大学法学部 同志社大学法科大学院
  • 保有資格:弁護士・行政書士
  • コメント:理想の弁護士像は、「弱い人、困った人の味方」と思ってもらえるような弁護士です。 そのためには、ご依頼者様と同じ目線に立たなければならないと思います。そのために日々謙虚に、精進していきたいと考えています。
  • 弁護士法人・響HPの詳細プロフィール

アメックスの返済ができなくなりそう・・・
債務整理でアメックスからの借入も解決できるのだろうか?

アメックスも、金融機関での借り入れや・クレジットカードの利用と同様、債務整理をすることができます。
膨らんでしまったアメックスの月々の返済が債務整理で減らせれば、生活上の負担も軽くなるので嬉しいですよね。

では、アメックスの債務整理は具体的にどのように進めるのでしょうか。

この記事では、アメックスの債務整理の進め方について、どの手続きを検討したら良いのかや手続きの流れ、そして進める上での注意点などについてお伝えします。

【弁護士に依頼するメリット】

  • 債務整理手続きが始まり次第、督促が止まります
  • 相談実績12万件以上!
  • 相談は何度でも無料

アメックスの債務整理の進め方

アメックスの返済で困ってしまったとき、他のクレジットカードの場合と同様に、解決の手段として債務整理が利用できます。

以下の3種類の手続があり、すべてアメックスの借金減額に使えます。

任意整理:対象となる債務を自由に選び、業者との交渉で借金を減らす
個人再生:すべての債務が対象となり、裁判所の介入で借金を5分の1~10分の1に減らす
自己破産:すべての債務が対象となり、裁判所の介入で借金を0にまでする

カードの債務整理でよく選ばれるのは任意整理

クレジットカードによる借金の整理によく使われる手続きは、任意整理です。

アメックスでは、決まった利用枠がなく利用額が大きくなりがちな上に、リボ払いも利用しやすいので、利息がかさんでいることに気が付かず返済額が大きくなっていることもあります。

利息や遅延損害金の返済が苦しくなってしまったときに任意整理をできれば、息・遅延損害金をカットして返済期間を伸ばすことで、月々の支払い負担を減らせるのです。

ただし、支払い額が減っても、3~5年かけて毎月コンスタントに返済していく必要があるので、定収があって返済の見込みが立つことが条件となります

任意整理では、手続きする債務を自由に選べるので、アメックス以外の借金があれば、それらもまとめて整理できます。
たとえば、アメックスと他のカードの返済をまとめて任意整理すると、次のように借金総額や月々の負担を減らせます。

任意整理前
・アメックス
ショッピング    70万円 うちリボ払い50万円 リボ払い手数料14.9%
・クレジットカードA社
キャッシング   20万円 利率15%
ショッピング   15万円 うちリボ払い10万円・リボ払い手数料15%
元金合計     105万円
返済総額 115万9500円(元金と利息の合計)
月々の返済額  12万円(完済までに約1年)

         ↓

任意整理後
返済額総額    105万円 (元金分)
減額できた額   10万9500円(利息分)
月々の返済額  3万円 完済までに約3年半

返済総額は利息額の10万9500円だけ減額でき、月々の返済額は4分の1におさえることができました。
このように、月々の返済額が抑えられて将来利息も支払わずにすむのが任意整理の特徴です。

任意整理以外の方がいい場合もある

アメックスの返済状況が任意整理の条件に当てはまりにくい場合は、個人再生や自己破産を検討してみましょう。

個人再生
借金が多くて大幅に減額しないと返済できない場合は、個人再生という方法があります。
借金を5分の1~10分の1程度まで減らせるので、返済の負担を大幅に軽くできます。

「住宅ローン特則」が適用されれば持ち家に住み続けられる点も、個人再生の特徴の一つです。

自己破産
病気や事故、失業状態などで収入の見込みがなく、返済の見通しが立ちにくい場合は、自己破産も選択肢になるでしょう。
裁判所ですべての債務について手続きを行い免責決定(借金を返す義務がない決定)を受ければ、借金は0にまで減らせます。

ただし、債権者に財産を配分するため、最低限法律で手元に残してよいとされる生活費を除いて、持ち家や車などは処分されることとなります。

アメックスカードの債務整理の流れ

任意整理の手続きはアメックスの返済問題でもよく行われていて、手続は次のような流れで進みます。

  1. 専門家に相談
     弁護士・司法書士に相談。
  2. 専門家に委任、専門家は受任通知を送付
      専門家と委任契約を締結すると、すぐ受任通知を業者に送付。
  3. 受任通知が業者に到着、督促・返済がストップ
      受任通知は依頼から2~3日で業者に到着。
  4. 過払い金がある場合は過払い金の計算
  5. 専門家による業者との交渉
      将来利息のカットや返済期間に関して交渉。
  6. 和解契約の締結
      交渉でまとまった内容を反映。
  7. 返済の再開
      和解契約の締結ができた月または翌日からが再開の目安。
  8. 3~5年で返済完了
  9. 相談から和解契約の締結までに3~6か月かかるのが通常です。

アメックスの債務整理を行うと、相手方の代理人弁護士が早い段階から選任され、交渉はアメックスの弁護士と行うことになります。
滞納した場合も、督促や債権管理を行うのはアメックス側の弁護士事務所です。

アメックスの担当者はほとんど出てこないので、債務者の方も弁護士・司法書士に依頼すると、手続きは専門家同士のやり取りのみで進みます。

アメックスを債務整理するときの注意点

手続きをスムーズに進めるために、アメックスの債務整理について次のような注意点を知っておくとよいでしょう。

貯めていたポイントは失効する

アメックスには特典としてポイント制度があります。
ポイントによる一部の支払いや、ポイントに応じた景品との交換など、貯まったポイントで特典を利用することができるのです。

しかし、債務整理を開始するとポイントはすべて失効します。
債務整理を検討しているときは、手続きの前にポイントを景品と交換する・支払に充てるなどして、無駄にならないようにしておくといいでしょう。

過払い金の発生は期待できない

過払い金は、利息制限法に定められた利息を超過して支払ったお金のことを言います。
もともと支払わなくていいお金なので、過払い金を請求すると返してもらえるもので、専門家が債務整理をするときには手続きの流れで一緒に計算してくれます。

しかし、アメックスは利息制限法を超過する利息を取っていないため、そもそも過払い金が発生していません
そのため、過払い金を請求してアメックスの返済に充てることは難しいでしょう。

事故情報が登録されてしまう

債務整理すると事故情報になるなので、アメックスを債務整理すると信用情報機関に登録されます。
事故情報が登録されると、照会している貸金業者からは返済能力がないものとみなされ、新しい借入やクレジットカード作成などの審査が通らなくなります。

信用情報機関の登録情報はすべての加盟業者(貸金業者)が確認できる仕組です。
債務整理で事故情報が残ると、アメックス以外の業者もその情報を確認できるようになるので、その結果、どの貸金業者・クレジットカード業者とも取引が難しくなるのです。

事故情報の登録期間は限られていて、任意整理の場合は5年程度です。
事故情報が削除されるとまた新規借入・クレジットカード取引が再開できるようになります。

アメックスが審査に通りやすいという誤解

アメックスは、事故情報が残っている間でもカードが作れる・審査に通りやすい、との誤解がWebサイトなどで出回っていた時期があります。

しかし、アメックスも信用情報機関の仕組みを使い返済能力を細かくチェックしていますし、独自の基準も判断材料とし

てしっかり審査を行っています。
アメックスも他の金融会社同様、審査に通りやすいといったことはありません。

アメックスの債務整理はひとりで悩まず専門家に相談を

債務整理は、専門家と相談しながら進めると手続きの見通しが立てやすいものです。 交渉の際に弁護士を就けるアメックスの場合は、自分が法律を知らないことで不利にならないか、など不安になることもあるでしょう。

安心して手続きを進めるためには、次のような相談先で専門家に相談してみましょう。

  • 日本クレジットカウンセリング協会
  • 弁護士事務所
  • 司法書士事務所
  • 日本クレジットカウンセリング協会は、法律相談だけでなく家計の再建についても無料で相談に乗ってくれます。
    条件が合えば本人が行う任意整理も無料でサポートしてくれるので、相談窓口のある関連団体の中でも特におすすめです。

    弁護士事務所や司法書士事務所でも無料相談を受けているところは多いです。
    任意整理を依頼すると着手金(1社あたり2~5万円が目安)や成功報酬などが発生しますが、依頼前の相談は何度でも無料といった利用しやすい事務所もあります

    アメックスの任意整理は専門家同士の交渉となるので、返済の見通しが立てば手続きはスムーズに進むでしょう。

    まとめ

    アメックスの返済が難しい時は、債務整理で解決ができます。
    中でもアメックスの債務整理の手段として検討していただきたいのは、任意整理です。

    任意整理は、月々の返済負担を抑えられるほか、将来に発生する利息や遅延損害金もカットして、手続き前よりも返済総額を減らすことができる手続きです。

    手続きの時に、注意しておきたいポイントはいくつかありますが、弁護士や司法書士に相談すれば、債務整理の効果を最大限得られるように適切なアドバイアスをもらいなが判断できるので、安心して進められます
    アメックスの債務整理を考えたいときは、まず専門家への無料相談からはじめてみましょう。

    【弁護士に依頼するメリット】

    • 債務整理手続きが始まり次第、督促が止まります
    • 相談実績12万件以上!
    • 相談は何度でも無料