1. ホーム
  2. 自己破産
  3. 自己破産の手続き中にギャンブルをすると不利になる?
2020.02.06
3,503 views

自己破産の手続き中にギャンブルをすると不利になる?

自己破産の手続き中というのは、なにをするにも不安なもの。

自己破産の手続き中にギャンブルをすると不利になる?

特に、ギャンブルといった浪費行為が原因で借金を重ねてしまった方は、手続き上の免責不許可事由にも該当しているため(詳しくは「自己破産で借金がなくならないことってあるの?」、免責(借金免除)の決定がおりるかどうか、実際に結果が出てみないことにはわからず、どうしても不安を抱えてしまいます。

では、この免責決定が出るまでの期間中、免責不許可事由の1つであるギャンブルなどをしてしまった場合、自己破産の手続きが不利になってしまうことはあるのでしょうか?

不利になるようなことはないが・・・

自己破産で問題となっているのは、ギャンブルが理由で多額の借金を積み重ねてしまったことです。借金をせず、自身の収入の範囲内でギャンブルを楽しむ程度であれば、たとえ自己破産手続き中であっても不利になるようなことはありません。

ただし、現在ある借金とは別に、新たに借金を重ねてギャンブルをしていたことが判明すれば、間違いなく不利になってしまいます。

自己破産手続き中で、他社に返済ができない身であるにも関わらず新たな借入をする行為は、免責不許可事由にも該当する行為です。2つの免責不許可事由が重なると、免責決定が出ない可能性がぐっと高まってしまうため注意しましょう。

裁判所に知られる可能性はほとんどない

とはいえ、普段の生活の中でギャンブルに興じることがあったとしても、それを裁判所が知る術はほとんどありません。自己破産の手続きの中に、裁判所が破産者の生活に密着して調査を行うことなんてこともありません。

ただし、破産管財人がついている場合(詳しくは「同時廃止事件、管財事件ってなに?」)は、自宅を訪ねられたり、郵便物をチェックされたりといった細かい調査が入る可能性があるため、知られてしまう危険性がないとは言い切れません。

また、自己破産中にギャンブルをするというのは、裁判官へ与える心証が決して良いものではありません。もし裁判所に知られてしまえば、まだ懲りていないと強い注意を受けてしまう可能性も高いため、必ず気を付けるようにしましょう。

免責決定まではおとなしくするのが無難

上記のことから、裁判所に知られる可能性がほとんどないとはいえ、裁判官の心証に悪影響のあるギャンブルを自己破産の手続き中にするのは避けた方が良いでしょう。

また、裁判所だけでなく債権者に知られてしまい、ギャンブルに使うお金があるなら返済に回せ!と警告を受け、自己破産に異議を申し立てられてしまう可能性も否定できません。

こうした不安要素があることから、免責決定が出るまではおとなしくしているのが無難です。

また、ギャンブルは悪いことと完全に言い切れるものではありませんが、借金の原因がギャンブルであった方は特に、自己破産を機会に止める努力をしたほうが今後のためにもなるでしょう。

関連する人気の記事