アイコン

借金100万円を返済時は利息に注目!無理のない対処法

澁谷 望
監修者:弁護士法人・響 弁護士
澁谷 望
  • 所属弁護士会:第二東京弁護士会 第54634号
  • 出身地:熊本県
  • 出身大学・大学院:関西大学法学部 同志社大学法科大学院
  • 保有資格:弁護士・行政書士
  • コメント:理想の弁護士像は、「弱い人、困った人の味方」と思ってもらえるような弁護士です。 そのためには、ご依頼者様と同じ目線に立たなければならないと思います。そのために日々謙虚に、精進していきたいと考えています。
  • 弁護士法人・響HPの詳細プロフィール

気付いたら借金が100万円も……返済できないとどうなる?
借金100万円って返済できるの?どうすればいいの?

借金が100万円あったとしても、自身の状況にあった解決策を選択すれば無理なく返済することが可能です。
自分に合った返済方法を検討するために、まずは利息や返済総額、収入や支出を把握しましょう。

無理なく返済する方法として、この記事では以下の3つを紹介します。
・繰り上げ返済や一括返済
・借金一本化・おまとめローン
利息をカットできる任意整理

一人一人の収支状況によって最適な方法は異なります。ただし、いま返済がギリギリな人、借金が年収の3分の1以上ある人は自力での返済が厳しい可能性があるので、任意整理が最も適しているかもしれません。
自分では判断が難しいと思いますので、任意整理すべきかどうか弁護士に無料相談してみましょう。

無理なく返済する方法を知る

借金100万円を抱えた生活状況を確認する

借金100万円を無理なく返済していくために、まずは現在の生活状況を確認しましょう。

借金の状況を調べる

まず、借入先を確認

主な借入先として、

  • 銀行系カードローン
  • クレジットカード
  • 消費者金融
  • などがありますので、どの金融機関から借りているのかを確認します。

    次に、借入先ごとに利息や月々の返済額を確認

    会員サイトや明細書、契約書などで確認できます。

    借入先が分からない場合は、信用情報機関に確認してみましょう。
    信用情報機関には個人の借入れに関する情報が登録されていますので、問い合わせれば借入先も分かります

    利息と返済総額の計算をする

    借金の状況を把握した後、利息と返済総額の計算を行います。

    利息額の計算は次の通りです。

    利息=元金×金利÷365(日)×借入期間(借りた日数)

    例えば100万円を金利15%で借りている場合の1ヵ月間にかかる利息は
    100万円×15%÷365×30=約1万2,328円

    毎月1万5,000円を返済している場合、そのうち元本分の返済額は
    1万5,000円-1万2,328円=約2,672円

    つまり、毎月1万5,000円返しているのに、約1万2,328円が利息で消え、元本分としては約2,672円しか払っていないことになるわけです。

    借金返済は利息の減額がポイントです。
    利息を減らすことができれば、元本もスムーズに減っていきます

    なお、返済総額は返済回数によって変わります。

    金利15%で24回払いなら、月々4万8,486円、返済総額1,16万3,668円

    金利15%で60回払いなら、月々2万3,789円、返済総額1,42万7,378円

    返済回数を少なくして月々の返済額を増やせば、返済総額を減らせます

    収入や家計を把握する

    月々の収入と生活費を把握することで、借金の返済にどの程度までお金を回せるかが分かります。

    返済額の上限を判断する計算式は「収入-生活費」です。
    月収15万円に対して生活費が10万円なら、5万円が返済額の上限になります。

    節約できる生活費を見直すことで、返済に回せるお金も増やせます。

    借金が年収の3分の1以上のときは債務整理の検討を

    既に年収の3分の1以上の借金がある場合、自力での返済が難しい可能性があります。
    その場合は、債務整理という方法を考えると良いでしょう。

    消費者金融やカードキャッシングは、借金が年収の3分の1以上あると、返済能力がないと見なされて追加の借入れできません

    それだけ既に生活が苦しくなり始めているとも考えられるので、早めの対処を検討する方が賢明と言えます。

    既に自力では返済が無理とわかっている
    債務整理について早く知りたい
    という人は、この後の「返済が自力でできないときは早めに債務整理を!」をチェックしてみましょう。

    100万円の借金を返済するシミュレーション

    金100万円を返済するには、自分にあった返済方法を知ることが大切です。
    借金返済のシミュレーションを行うことで、適切な返済回数と返済金額が分かります。

    返済回数(返済期間)で調べる

    返済回数によるシミュレーションをしてみましょう。
    (金利15%)

  • 24回払い(2年間) → 月々48,486円、返済総額1,163,668円
  • 36回払い(3年間) → 月々34,665円、返済総額1,247,937円
  • 60回払い(5年間) → 月々23,789円、返済総額1,427,378円
  • 78回払い(6年6ヵ月) →月々20,144円、返済総額1,571,206円
  • 24回払いは、78回払いよりも4年6ヵ月だけ早く完済できて、返済総額の差額は
    1,571,206円-1,163,668円=407,538円

    回数を抑えて返済期間を短くした方が、返済総額は少なくなります

    収入に見合った返済額から調べる

    月々の返済額によるシミュレーションをしてみます。
    (金利15%)

  • 月々2万円 → 79回払い(6年7ヵ月)、返済総額1,579,052円
  • 月々3万円 → 44回払い(3年8ヵ月)、返済総額1,301,674円
  • 月々4万円 → 31回払い(2年7ヵ月)、返済総額1,206,514円
  • 月々5万円 → 24回払い(2年間)、返済総額1,157,936円
  • 返済額月々5万円の場合、月々2万円よりも4年7ヵ月早く完済できて、返済総額の差額は
    1,579,052円-1,157,936円=421,116円

    月々の返済額が大きい方が、返済期間は短く、返済総額は少なくなります

    このように、返済回数や月々の負担額によって、最終的な返済総額や完済までの期間が変わってきます。
    自分の収入や将来の見通しなどを踏まえて、無理なく借金100万円を返済できるプランを考えると良いでしょう。

    主なシミュレーションサイト

    借金返済のシミュレーションは、次のような金融機関のサイトで確認できます。

  • アコム
  • プロミス
  • 三井住友銀行
  • イオン銀行
  • 楽天銀行
  • 借金100万円の利息額を減らして返す方法

    借金返済のシミュレーションによって、自分に合った返済回数や返済金額が分かりやすくなったのではないでしょうか。

    実は、さらに効率よく返済する手段として、利息を減らす方法があります。

    繰り上げ返済や一括返済

    繰上げ返済の特徴

  • 毎回の返済とは別に、追加で返済を行う方法
  • 利息も減るので、返済総額を押えられる可能性がある
  • 完済までの期間を短縮できる
  • 一括返済の特徴

  • 一度に全ての借金を返済する方法
  • 利息もなくなるので、確実に返済総額を抑えられる
  • 注意点として、無理に繰上げ返済や一括返済を行うと、家計で日常的に必要なはずのお金が減ってしまい、生活に支障が生じることがあります
    ボーナスが入った月など、返済の負担が軽いタイミングで検討すると良いでしょう。

    なお、繰上げ返済や一括返済は、金利が高いものから優先的に行ってください。
    借金総額に占める最終的な利息額を抑えることができます。

    借金一本化・おまとめローン

    借金一本化とは、複数の金融機関からの借金を一社にまとめることで、「おまとめローン」とは、金融機関が提供する借金一本化のサービス名になります。

    金一本化・おまとめローンを行うことで、借金の利息を減らせる可能性があります。

    注意点として、

  • 借金自体の減額はない
  • 返済総額が増える可能性がある
  • 再び借入しやすくなるリスクがある
  • 審査が厳しい
  • などがあります。

    リボ払いへの変更は注意が必要

    リボ払いとは、毎月一定額を返済する方法です。
    分割払いからリボ払いに変更することで、月々の返済負担を減らせるかもしれません。
    しかし利息額は上がる可能性がありますし、完済まで長期化しやすい方法なので注意してください。

    返済が自力でできないときは早めに債務整理を!

    返済が自力でできないときは早めに債務整理を検討すると良いでしょう。

    債務整理とは

    債務整理とは合法的に借金の減額や免除を行う手続きです。

    主に任意整理、個人再生、自己破産という3つの方法がありますが、通常は弁護士や司法書士のような専門家と相談しながら進めることになります。

    債務整理の目安

  • 自力で返済を続けることができない
  • 借金が年収の3分の1以上ある
  • 滞納の恐れ、もしくはすでに滞納している
  • 債務整理のデメリットは、

  • 信用情報機関に事故情報が載る(ブラックリスト入り)
  • 一定期間ローンを組んだり、クレジットカードを発行できない
  • 費用がかかる
  • などがあります。

    なお、借金100万円には任意整理が向いている可能性が高いです。

    任意整理とは

    任意整理とは、

  • 将来利息と遅延損害金の減額又は免除
  • 3年~5年の分割払いによる返済期間の延長
  • を行う手続きです。

    借金100万円の利息を任意整理でカットすることにより、今まで悩まされていた利息の返済から解放されます

    自己破産と個人再生は裁判所を介しますが、任意整理は裁判所を介さないため、比較的スピーディーに手続きを進められます。

    借金は早めの解決が重要

    借金を滞納すると遅延損害金が発生しますし、督促や取り立ての連絡が来ます。
    最終的に法的な手続きを踏んだうえで、給料や銀行の預金残高などの財産が差し押さえられるリスクもあります。

    こうしたリスクは、借金問題に早く対処することで避けることができます。

    手続きに慣れた専門家に債務整理を依頼すればスムーズな解決が見込めますので、まずは無料相談を検討してはいかがでしょうか。

    まとめ

    借金100万円を返済するには、自分に合った方法を知ることが大切です。

    返済シミュレーションを行い、月々の負担や返済期間をポイントに考えることで、自力で返せるかどうかの目安を付けやすくなります。

    利息の負担を軽くする方法として、繰上げ返済やおまとめローンがありますが、借金が年収の3分の1以上の場合は債務整理による解決を検討してください

    借金100万円の返済であれば、債務整理の中でも任意整理が向いているかもしれません。

    専門家に相談しながら進めることで早期解決を図れますので、まずは無料相談から行ってみてはいかがでしょうか。

    【弁護士法人・響に依頼するメリット】

    • 最短即日!返済ストップ
    • 相談実績12万件以上!
    • 明瞭なご説明で費用への不安をゼロに
    • 相談は何度でも無料
    関連記事