アイコン

受任通知とは?どんな時に送るもの?なぜ返済が停止するの?

2020.11.13 2021.09.15

債務整理の依頼を受けた弁護士・司法書士が、貸金業者などの債権者に「代理人として手続きを進める」ことを知らせる通知です。「介入通知」と呼ばれることもあります。

受任通知を受け取った債権者は、請求や督促を停止しなければなりません。

これは貸金業法21条1項で定められており、違反した場合は罰金や懲役、業務停止などの罰則も定められています。

自宅に督促が来なくなるため、借金したことは家族にバレにくいといえます。

受任通知の発送後は返済も一時止まるので、その間に弁護士費用などを準備することもできます。

また貸金業者からの督促が止まることで、精神的なゆとりも生まれることもメリットといえます。

[実績]
12万件の相談実績あり
[弁護士数]
21人(2021年3月時点)
[設立]
2014年(平成26年)4月1日
関連記事