アイコン

利息制限法ってなに?利息の上限はどのぐらい?

2020.11.13 2021.11.11

監修者情報
澁谷 望
監修者:弁護士法人・響 弁護士
澁谷 望
弁護士会所属
第二東京弁護士会 第54634号
出身地
熊本県
出身大学
大学院:関西大学法学部 同志社大学法科大学院
保有資格
弁護士・行政書士
コメント
理想の弁護士像は、「弱い人、困った人の味方」と思ってもらえるような弁護士です。 そのためには、ご依頼者様と同じ目線に立たなければならないと思います。そのために日々謙虚に、精進していきたいと考えています。

利息制限法とは、金利の上限を定めている法律のことです。

借入れ額に応じて段階的に金利上限が決められており、上限を超えた金利での貸付は無効となります。

2010年以前には罰則規定がなかったため、この金利を超えての貸付が行われていました。(出資法という別の法律には罰則規定がありました)

これがいわゆる「グレーゾーン金利」といわれるものです。

上限金利とは

  • 借入額10万円未満=20%
  • 借入額10 万円以上100万円未満=18%
  • 借入額100万円以上=15%

あわせて読みたい「利息制限法」に関する記事
遅延損害金って何?計算方法や上限金利、払わずに済む方法について
[実績]
19万件の相談実績あり
[弁護士数]
21人(2021年3月時点)
[設立]
2014年(平成26年)4月1日