1. ホーム
  2. 債務整理全般
  3. ブラックリスト入りってどういうこと?
2020.02.05
4,636 views

ブラックリスト入りってどういうこと?

債務整理を検討している方であれば、恐らく一度は耳にはさんだことがある言葉。

それが「ブラックリスト」です。

ブラックリストに入ってしまう?

これは一体どういうことなのでしょう。

これが心配になってしまい、債務整理手続きへの第一歩を踏み出せないという方も多いのではないでしょうか。

今回は、債務整理をするのであれば決して避けては通れない、ブラックリスト入りについて説明していきます。

実はブラックリストなんてものは存在しない

いきなりですが、現実は金融業界にはブラックリストというものは存在していません

こちらはあくまでも俗称であり、実際は信用情報機関に登録される「事故情報」のことをいっています。業界では「事故情報の異動」といった呼び方もされています。

ブラックリストというのは、信用情報機関に登録される「事故情報」なんです。

ブラックリストの語源については諸説あり、名簿を黒で塗りつぶされる(消去される)、事故者のイメージが黒であるといったものがあります。しかし、なぜこのように呼ばれるようになったか、本当のところは定かではありません。

とはいえ、ブラックリストという俗称はすでに世間一般に浸透していますし、実務上でも当たり前のように使われている用語です。

信用情報機関の事故情報って?

信用情報機関は、全国の貸金業者やクレジット会社、リース会社などを会員にもつ組織です。

この機関には、私たち消費者の、過去から現在にいたる、貸金業者や金融機関との契約履歴が登録されています。返済を遅延するなど、消費者が契約を守らず、自身の信用を損なう行為をおこなった情報(「事故情報」)も登録されます。

貸金業者は、契約に訪れた顧客にお金を貸すかどうかを信用情報機関への照会し、その結果をもとに審査をしています。ここで信用に足ると判断されれば契約成立となるのですが、事故情報が登録されている場合、この顧客は信用できないと判断されることになります。

つまり、ブラックリストに名前が記載されていると、審査に通ることができず、新たな借入が非常に困難となってしまうのです。

事故情報の内容について

では、事故情報はどういったときに登録されるのでしょう?
下記に簡単にまとめました。

1. 債務整理の手続きに入ったとき

債務整理の手続きというのは、弁護士の介入や裁判所からの破産・再生手続の開始決定といったものがあります。

タイミングとしては、弁護士が各債権者に対して通知を出した時点で、信用情報に傷がついてしまいますので、この点は特に注意が必要です。

2. 約束した返済日よりも61日以上、または3ヵ月以上支払いが遅滞したとき

債務整理について弁護士に依頼をしていなくても、返済が61日以上遅れてしまった場合は、事故情報が登録されてしまっても文句はいえません。

とはいえ、情報管理によほど細かい貸金業者でもない限り、3ヵ月以上の遅滞でもなければ事故情報として扱われることはほとんどありません。

3. 代位弁済(保証契約の履行)がされたとき

銀行からお金を借入れるときは、ほとんどの場合で保証会社がつきます。

銀行への返済が遅滞しすぎたため、保証会社が債務者に代わって債務の返済をしたときに、「代位弁済」といって事故情報が記載されることになります。

【弁護士に依頼すると何が良いの?】

  • 借金解決方法を個別に提案してもらえる
  • 面倒な手続きを一任できる!
  • 相談依頼実績12万件以上!

関連する人気の記事