アイコン

クレジットカード支払い遅れの対処法とは?適切な借金解決策

島村 海利
監修者:弁護士法人・響 弁護士
島村 海利
  • 弁護士会所属:第二東京弁護士会 第52828
  • 出身地:高知県
  • 出身大学:香川大学法学部卒 九州大学法科大学院卒
  • 保有資格:弁護士、2級ファイナンシャルプランニング技能士(FP2級)
  • コメント:人に対する温かいまなざしを持ち、ご依頼者の話をよく聞き、ご依頼者様に寄り添える弁護士になれるよう日々努めています。
  • 弁護士法人・響HPの詳細プロフィール

少しくらいなら、クレジットカードの支払い遅れても大丈夫かな…?

クレジットカードの支払いを1日でも遅れると、カードの利用停止や遅延損害金の発生などのリスクがあります。

リスクは段階的に深刻化していきますので、滞納を放置することは危険です。

すぐに払えそうなときも、支払いの見通しが立たないときも、まずはカード会社に連絡を入れましょう。

その後の対処法は状況によって変わりますが、自力で滞納を解決できないときは、弁護士のような専門家への相談が必要になるかもしれません。
具体的に見ていきましょう。

【弁護士法人・響に依頼するメリット】

  • 最短即日!返済ストップ
  • 相談実績12万件以上!
  • 明瞭なご説明で費用への不安をゼロに
  • 相談は何度でも無料

クレジットカードの支払いが遅れそうなときの対処法

クレジットカードの支払いが遅れそうなとき、どのように対処していけばいいのでしょうか。

まずはカード会社に連絡する

支払いが遅れそうだと心配になった時点でカード会社に連絡して下さい。
問い合せ先の電話番号は、会員サイトやクレジットカードの裏面に掲載されています。

連絡せずに支払いが遅れるとカード会社に悪い印象を与えかねないので、
・すぐに支払えるとき
・支払いの見通しが立つとき
・支払いの見通しが立たないとき
にかかわらず、まずは連絡を入れましょう。

大切なことは、支払う意思があることを伝えるということです

カード会社に連絡すれば、一時的に支払い日を変えるなど相談にのってもらえる可能性もあります。

手元にお金がありすぐ支払えるとき

すぐに払えるときはカード会社に連絡後、カード会社の指示に従って支払いを行います。

【主な支払い方法】
・支払いの案内が届き、再引き落としされる
・払込用紙が届き、口座振込・コンビニ支払いを促される

再引き落としの会社例
・楽天
・JCB

払込用紙の会社例
・イオン
・三井住友
・ライフ
・エポス
・クレディセゾン
・アプラス
・楽天
・JCB

状況によって支払い方法が異なる場合もあります。
詳細はカード会社に確認を行いましょう。

すぐお金が用意できないが見通しは立つとき

すぐに払えないときでも、支払いの見通しが立っていれば、
・返済が遅れる事情
・支払い予定日
をカード会社に電話で伝えましょう。

事情と予定日を伝えることで、支払い方法の変更に応じてもらえる可能性があります。

返済方法の変更

主な支払い方法の変更には、分割払いとリボ払いがあります。

一括払いから分割払いに変更したり、分割いをリボ払いに変更することで、支払いを継続できる可能性がありますし、支払いを継続できればカードの利用停止などのリスクを避けることができます。

リボ払いは一時的な返済として使う方が無難

リボ払いとは、月々の返済額に応じて返済回数が変わる支払い方法で、毎月の負担を無理なく設定できる点がメリットです。

ただし、毎月の負担は抑えられても、残高に対してかかる手数料は年率15%と決して低くないため、返済が長期化する懸念があります。

リボ払いは、計画的に買い物ができないとすぐに使ってしまい残高がなかなか減らないという心配もあるので、一時的な利用に留めて、いずれ分割払いや一括払いに戻す方が無難です。

どうしても支払いの見通しが立たないとき

支払いの見通しが立たないときは、弁護士のような専門家への相談を考えましょう。

支払いが遅れると、遅延損害金の発生、カードの利用停止、事故情報の登録と事態が悪化するので注意して下さい。

クレジットカードの支払いは1日遅れるだけでもリスクがある

クレジットカードの支払いは、1日でも遅れるとリスクが発生します。

どのような段階でどのようなリスクが伴ってくるか詳しくご説明します。

口座の残高不足で受けるペナルティ

支払い口座の残高不足で滞納すると、次のように段階的に危険度が高くなります。

・滞納後1日~1週間
カードの利用停止
    ⇩
・滞納後1日~1ヵ月
電話やハガキなどによる督促
    ⇩
・滞納後2日~3ヵ月
利用条件の引き下げ、カードの強制解約
    ⇩
・滞納から約2ヵ月
信用情報機関に事故情報の登録(ブラックリスト入り)
    ⇩
・滞納から約3ヵ月
一括返済の請求が届く
    ⇩
・滞納後3ヵ月~6ヵ月
支払督促や訴訟提起

残高不足の放置に伴うリスク

滞納を放置すると、生活への支障が増していくというリスクが伴います。
具体的にどのようなリスクがはあるのかを確認しておきましょう。

遅延損害金が積み重なる

返済期限の翌日から遅延損害金(支払いが遅れた罰金のようなもの)が発生します。

遅延損害金の年率は一般的に20%なので、クレジットカードの年率15%~18%よりも高額になります。

返済が遅れれば遅れるほど、遅延損害金は日ごとに増えていくので注意が必要です

利用停止又は利用条件が制限される

カード会社にもよりますが、早ければ滞納後1日でカードが利用停止になります。

また、滞納後2日~3ヵ月で利用条件の引き下げやカードの強制解約が起こる可能性もあります。

早い段階で支払いをすれば、その後数日でカードの利用を再開できますが、既に強制解約になっている場合は利用の再開は難しいでしょう

事故情報が登録される

滞納から約2ヵ月で信用情報機関に事故情報が登録(ブラックリスト入り)されます。

信用情報機関に登録された情報は各金融機関で必要に応じて参照できるので、取引をしていない金融会社でも滞納の事実は知られるところになります。

つまり目の前の滞納を解消しても、既に事故情報として登録されていれば、一定期間(滞納だと5年間程度)はどの金融機関ともカードの作成やローンの借り入れなどの取引ができなくなります。

残高不足をおこさないための工夫をする

残高不足を防ぐには、リマインダーや手帳の活用が効果的です。
スマホのアプリや手帳に引落し日をメモしておけば、返済日前に残高をチェックしやすいでしょう。

他にも、事前に返済日や返済金額をメールで教えてくれるサービスがあります。

金融機関が提供しているサービスもありますので、カード会社のメールサービスを確認し、利用できるものがあれば利用を検討すると良いでしょう。

カード払いの料金は滞納になるので注意

カードの返済を滞納すると、カード自体が使えなくなります。

そうなるとカードで支払っていた公共料金や家賃なども支払えなくなるため、公共料金等の支払いも滞納扱いになってしまいます。

カードが滞納になる前に残高不足は解消すべきですが、どうしても支払いが難しい場合は、早期に根本的な対処を検討した方がいいでしょう。

クレジットカードの支払いができないときは債務整理を検討

カードの支払いが苦しくどうにもならないときの根本的な解決方法を説明します。

債務整理という選択肢がある

債務整理は、法律に基づいて借金の総返済額を減額できる手続きで、主に自己破産個人再生任意整理という3つの選択肢があります。

どの債務整理が合っているかは収入や借金総額などによって異なりますが、カードの債務整理で良く利用されているのは任意整理です。

2010年以前からキャッシングを利用していれば、過払い金が発生している可能性もあります。

過払い金が発生していれば、債務整理手続きの中で返還請求できます。

任意整理は利息と遅延損害金をカットできる

カードの支払いで負担が大きいのが利息であり、滞納後に負担が重くなるのが遅延損害金です。

任意整理を行うと利息と遅延損害金をカットできますし、保証人付きの借金は整理の対象から外すなど、交渉で柔軟な解決を図ることができます

利息と遅延損害金をカットすれば返済を続けられる場合は、任意整理を検討してみましょう。

債務整理のデメリットはブラックリスト入り

債務整理共通のデメリットに事故情報の登録(ブラックリスト入り)がありますが、前述したようにカードを滞納して約2ヵ月でもブラックリスト入りの可能性が高くなります。

債務整理による事故情報の登録でも、滞納による事故情報の登録と同様にカードの発行やローンが制限されますが、事故情報の登録は、任意整理で5年程度、個人再生と自己破産では長い時だと10年程度で削除されます

事故情報が削除されれば、カードの発行やローンの制限はなくなります。

支払いが遅れてしまうことが明らかなほど返済が苦しい場合は、債務整理をした方が、月々の負担を抑えながら早期解決が図れると言えるでしょう

支払いの遅れが心配なときには専門家に相談を

カードの支払いに遅れそうなとき、又は遅れたときは、弁護士や司法書士のような専門家に相談しましょう。

専門家に相談するメリット
・適切な債務整理の方法を判断してくれる
・滞納後の督促をストップできる
・複雑な書類作成や交渉を代行してくれる
・家族に知られないように配慮してくれる
・借金解決によって生活再建の見通しが立つ

今後の判断に迷っているときは、滞納の有無に関係なく相談できるので心強いです。

専門家に依頼すれば、滞納によって事態が深刻化する前に手を打つこともできるので、まずは気軽に無料相談を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

クレジットカードの支払いが遅れそうな場合、まずはカード会社に連絡を入れるようにしましょう。

支払いが遅れて滞納すると、段階的に事態は深刻化するので注意して下さい

どうしても自力で支払えない場合は、専門家に債務整理を相談するという方法もあります。

債務整理でよく利用されているのは、利息と遅延損害金のカットが見込める任意整理です。

専門家の知恵を借りるとより効率的に解決を図れるので、まずは無料相談などを利用してみると良いでしょう。

【弁護士法人・響に依頼するメリット】

  • 最短即日!返済ストップ
  • 相談実績12万件以上!
  • 明瞭なご説明で費用への不安をゼロに
  • 相談は何度でも無料